『3月のライオン』第24話感想。敗者にスポットを当てるスタイル。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

【Amazon.co.jp限定】3月のライオン 5(5-8巻連動購入特典:「描き下ろし1-8巻収納BOX」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『3月のライオン』第24話を見たので感想をば。

前回の感想は「『3月のライオン』第23話感想。主人公が部活してるだけで感動できる作品です。」という記事にありますので読んでない人はどぞっ。

第24話 混沌/隈蔵

島田さんは調子が悪い模様だが。

島田さんは宗谷に負けてからというもの調子が出ないとな。

でも柳原さんによると、彼の不調はイチからスタートして再構築している最中だからとのコト。

これまでの自分をいったん壊して作り直しているワケですな。筋肉がつくメカニズムと似たようなもんかな。

あれも破壊と再構築の繰り返しだって何かに書いてあった(よーな気がする)

島田さんのこれからに期待です。

SPONSORED LINK

桐山くんは後藤をどう見る?

3月のライオン ラインアートマルシェバッグ
島田さんを悪く言う棋士たちを後藤が一喝。

その様子を見ていた桐山くんは、「棋士としての後藤」「香子と不倫している後藤」が同じ後藤であるコトに戸惑っていた。

人間って一面的じゃあないですから、桐山くんの迷いは無理もないですよなぁ。

姉の香子が不倫で辛い思いをし、しかも後藤に殴られちゃった過去がありますからね。

ただまぁ、不倫については今や香子が自分で選択している感はあるし(詳しい経緯は知らんけど)、もう放っておいてもイイのではというのが僕の感想ですかなぁ。

そこを放っておけないのが桐山くんのイイところなんですけど。

隈倉さん、壁を蹴破る。

今回のエピソードで1番印象に残っていたのが隈倉さんによる壁蹴破り事件です。

内に秘めた悔しさが大爆発を起こした感じっすね。

隈倉さんに限った話じゃあないけど、この作品って負けた人にスポットを当てて、彼らの思いを伝えてきますよね。

それが上手いもんだから、見ているこっちまで悔しくなってくるw

宗谷に負けた隈倉、そして現在再構築中の島田さん、がんば。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Audible (オーディブル) はもう試しました?

AmazonのAudibleに『このすば』や『ゼロ魔』などのラノベが追加されました!

アニメのキャストの朗読で楽しめますよっ!

Audibleは初めての利用なら無料体験もできますのでお気軽にどうぞっ!

聴くだけで最大3000ポイント貰えるキャンペーンも実施中ですよっ!

詳しいサービス内容についてはAudibleのサイトか僕のレビュー記事を参考にどうぞっ!

関連記事:Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!