反面教師を見つけるのが、目指す方向への近道

SPONSORED LINK

カカオ
どうもお疲れ様です。
カカオ(@kudoshin06s)です。

突然ですけど…

 

反面教師を持とうぜ!

 

僕は声を大にしてこう言いたいですね。

というのも、僕は自分だけの反面教師を見つけ、その方を参考にして逆の行動を取り続けた結果、

 

  • 継続して小説を書けるようになり
  • ブログも毎日更新が当たり前にすることができた

 

控え目に言っても最高っすな。

反面教師を持つメリット

反面教師を持つ最大のメリットは、自分を向かわせたい方向へ成長させることができる点にあります。

例えば僕の場合だと、小説を書き始めた当初、

どう書けばいいのか、
またどうすれば最後まで書けるのか、
どうすれば継続して書けるのか

悩んでいました。

 

カカオ
あ~どうすっかなぁ(遠い目)

 

なんて具合に絶望しつつネット上を巡ったりTwitterのつぶやきを眺めているとき、僕はひとりのワナビさんを見つけたんですよ。

その方はワナビを自称はしているのですが、小説を書いている様子はありませんでしたね。

創作の指南本を何冊も読みあさり、その本についての批評などを行ってはいるのですが、それでも書けないでいたのです。

果てはパチンコに入り浸り、書けない書けないとつぶやいてはまた次の創作指南本を読みあさる。それの繰り返し。

なんだかとても苦しそうで、精神的にもキツいとつぶやいていたのが印象的でしたね…。

 

こうはなりたくねぇ……。

 

僕は強くそう思いましたね……。

反面教師を活かしてみた結果

そこで僕はその方とは逆に、創作指南本を三冊に絞り、一冊分を書き終えるまでは小説以外のことには目を向けないことにしました。

正直言って苦しいときもありましたけど、書いていた小説は無事に書き終えることができました。

その後も継続して書くことができ、今では書くことが楽しいと思っています。継続して書いているうちに、小説を書く上でのコツも分かってきましたしね。

電撃やGAで一次突破や二次突破したり、なろうで感想をもらったしていくうちに、どんどん楽しくなってきました。

親を反面教師にしたりも…。

父親は僕みたいなのを育て上げて一家を支えたという点では尊敬してますけど、どうにも好きになれないところが……。

愚痴です。

仕事の愚痴から始まり、ちょっと出かけた先でのことや飲み屋での客や店員の対応などなど。

世の中の粗探しが趣味なんです?って訊きたくなるレベルで酷い。

もちろん時には愚痴ってスッキリするのも大事だとは思うんですけど、いくらなんでも愚痴りすぎ。ナイアガラの滝かよってほどに出まくり。

そんな父親を見て育ったので、僕はリアルではあまり愚痴りません。

愚痴ってしまうとどうしても父親が愚痴ってる姿が浮かんで、いや~な気分になるんすよねぇ……。

ただ愚痴を言わないスタイルが身に付いたのは、自分で言うのもなんですけど気に入ってます。相手の話を聞けるし、場の雰囲気も悪くならないしね。うん。

……てな感じで、親の背中を反面教師にする方法も有りかと。いや別に親の粗探しなんてしなくていいからね。

カカオ
最高の父ちゃんならそれでええんやで(汗)

まとめ

こんな感じに、反面教師を持つと、自身を伸ばしたい方向へ伸ばすことができます。

もちろん反面教師にした方に「あなたを反面教師にさせていただきました。感謝しております」などとお礼を述べる必要はありませんよw

こっそりやるんです、こっそり。

あくまでも自分の中だけで反面教師認定をして、行動に移してみてください。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Audible (オーディブル) はもう試しました?

AmazonのAudibleに『このすば』や『ゼロ魔』などのラノベが追加されました!

アニメのキャストの朗読で楽しめますよっ!

Audibleは初めての利用なら無料体験もできますのでお気軽にどうぞっ!

聴くだけで最大3000ポイント貰えるキャンペーンも実施中ですよっ!

詳しいサービス内容についてはAudibleのサイトか僕のレビュー記事を参考にどうぞっ!

関連記事:Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!