Amazonで価格の推移をグラフ化してくれる「keepa」が便利っ!だけど迷わせてくる件。

SPONSORED LINK

どうも。
オタク系ブロガーのカカオ(@kudoshin06s)です。

Amazonでちょくちょくラノベやガンプラをポチポチして、積ん読やら積みプラを増やしてまーす(白目)

今回は、そんなAmazonでポチってる人向けにお得に買い物をする情報をお届けっ。

さあ、これでさらに積むぞっ(←反面教師にしてイイよ)

Amazon価格は推移する。

僕はAmazonのお気に入りリストに欲しい物をブチ込みまくって価格の変動をウォッチするのが趣味なんですけど、物によっては結構値段が変わるんですよねぇ。

ウォッチなんぞしてたせいで、いざ買い物するときになると

 

  • いったいどのくらい推移しているのか。
  • 今買おうと思ってはいるけど、現在は高くなったときなのか安くなったときなのか。

 

なんてコトが気になるようになってしまいました。

カカオ
なんかイイ方法ねえかなぁ。

と思ってたときに、Chromeの拡張機能の「keepa」を見つけました。Amazonの商品価格の推移を自動でグラフ化してくれるとのコト。

早速導入してみました。

「keepa」を導入してAmazon価格の推移をグラフ化してみよう。

導入も使い方も超簡単です。

まずPCでGoogle Chromeを立ち上げる。

次にChromeのウェブストアからKeepaを入れる。「keepa」と検索すれば出てきます。


keepaを選ぶ。

 


矢印のとこをクリックして追加する(僕はもう追加してるんで追加済みになっとります)

ちなみに無料で利用できるんでご安心を。

 

keepaの使い方

導入したらAmazonのサイトを開き、適当に自分の欲しい物を表示させてください。

次に価格をクリックする。するとページ内に価格の推移を示したグラフが表示されます。


▲こんな感じ。

あとは欲しいものが現在安くなっているのか高くなっているのか観察して、喜んだり悔しがったりしよう。

僕は大抵の場合悔しがってるけどねっ!

表示期間の変更

デフォルトだと表示期間は3ヶ月になってますけど、1年や全期間にもできます。

グラフの上にある「設定」のタブをクリックすれば色々と変更できまっせ。

ただそこまで遡ってもあんま意味なさそうだけど。

目標価格を設定できる。

目標価格を設定して、目標まで安くなったらメールなどで知らせてくれる機能もあります。

って、僕は利用してないけど。
そこまではしなくてイイかなーと。

SPONSORED LINK

「keepa」のメリット・デメリット

使ってみると段々とkeepaの良いところと悪いところが分かってきましたよ。

メリット

  1. 高騰してるときにポチらずに済む。
  2. 価格ウォッチの手間がいらない。

まぁ価格ウォッチしてる人なんてあんまいなさそうだけど一応。

物にもよるんですけど、僕の場合だとガンプラやPCパーツがやたら高くなってるときがあるんですよ。


▲僕が買うか迷ってるグラボの値段の推移です。最安値のときより高くなってましたわ。

デメリット

  1. PCでしかもChromeでしか使えない。
  2. 買い時を逃す可能性もある

最近はみんなスマホですからね。このブログも8割ぐらいのアクセスがスマホからですよ。

そんなスマホ全盛期にPCだけというのは微妙。Chromeでしか使えないのは……みんなChromeを使おうw

2の買い時を逃すについてなんですけど、例えばメリットで挙げたグラボの例にしても、さらに値が上がる可能性だってあるワケですよ。


▲さっきのグラボの値段ね。最安値ときより高くなっているけど、最高値よりは安くなっているんです。どーしよ。

さらなる値上げの場合、僕は買うか買うまいか迷った挙げ句にポチらずスルーしそう。。。

はっきり言って底値を狙うというのは無理ゲーだと思いますね…。

【まとめ】

過去を遡って価格の推移が分かるようになったコトで、高いときにポチらなくなったのはイイことです。でも……

 

めっちゃ迷うようになった。

 

まぁ変なプレミア価格でもなければ、欲しいときにさっさとポチッてしまうのがイイかもしれませんな。

在庫がなくなってしまっては底値も高値もあったもんじゃあないし…。

おまけ

▲僕が買うか迷っているグラボ。1050tiか1060で迷ってますわ…。