『結城友奈は勇者である-勇者の章-』第2話『少女終末旅行』第9話の感想。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『結城友奈は勇者である-勇者の章-』第2話と『少女終末旅行』第9話を見たので感想をば。

前回の感想は「『結城友奈は勇者である-勇者の章-』第1話『少女終末旅行』第8話の感想。」という記事にありますので読んでない方はどうぞっ。

結城友奈は勇者である-勇者の章- 第2話

東郷さんは壁の外にいるんじゃない?

ってな推測に至って、勇者に変身してみんなで壁の外に。

久しぶりに会った東郷さんはブラックホールになっちゃってたってのには笑った。

もう満開しても目が見えなくなったり脚が動かなくなったりしない模様。改善っちゃ改善なんですけど、ちょっとスリルがなくなった感もあるかなぁ。

でも、ブラックホール内で生け贄になってた東郷さんを見るに、満開以上のヘビーな展開がありそう。

まとめ

東郷さんに起こったコトを超ザックリまとめると、

  • 壁を壊したせいで外の炎が迫ってきてる。
  • 生け贄あげて鎮めよう。東郷さんよろしく。
  • みんなが助けにこないように記憶消しとこ by 東郷さん

てな感じですかな。

東郷さんは救い出せたけど、友奈の体に刻まれた刻印は……。一周回って友奈が生け贄になっちゃうのかしらん。。。

SPONSORED LINK

少女終末旅行 第9話

Bパートから見たんで、いきなり喋るロボが登場したかと思えば巨大ロボ爆破作戦が開始されたりで……いやおもしろかったけどねw

Cパートでロボが水漏れの修理をしているのがジーンときたなぁ。人間がいなくなってもずっと役目をこなし続ける。

それもいつかは終わる…。

 

カカオ
プライムビデオでAパートも見とかなきゃ。