『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』第4話感想

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第1巻(初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説・サントラCD同梱) [Blu-ray]

 

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』第4話を見たので感想をば。

 

八幡と折本

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。Blu-ray BOX(初回限定生産)(特典CD付)

強制的に折本とその友達、そして葉山と遊びに行くことになった八幡。案の定、最後尾から一人でついていくポジションにw

映画を観ているシーンがよかったですねぇ。

八幡が折本への想い(と言っても中学時代のだけど)と向き合い、始まりもしなかった想いに別れを告げたみたいな具合で。ちょっとほろ苦い気分になっちゃいましたよ。

その後の三浦登場やいろはす登場をしっかりと入れてくれてよかった。

原作からバッサバッサとカットされちゃうかと思って冷や冷やしてました。

とりあえず、いろはすがとっても可愛くてダークでよかったですw

決意

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 由比ヶ浜結衣 1/7スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み完成品フィギュア

雪ノ下が生徒会長に立候補することをうけ、由比ヶ浜も立候補することを決意する。

このシーンがすんごいジーンときましたねぇ。活字じゃ伝わらない由比ヶ浜の真摯な姿が絵になると威力が凄まじい…!

「ゆきのんに、勝つよ」というセリフのシーンとかもう、感極まってしまいました。表情に力が入ってましたねぇ。

2期はちょっと重い内容ではありますけど、見応えのある内容になってます。これはこれでいいかと。うん。