『3月のライオン』第32話感想。山崎五段ってカタギだったんですね!(失礼)

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『3月のライオン』第32話を見たので感想をば。

前回の感想は「『3月のライオン』第31話感想。島田八段の胃痛持ち設定がここで活かされるとはw」という記事にありますので読んでない方はどうぞっ。

やっ、山崎五段!?

前回の終盤が川辺で孤独に佇んでいたひなちゃんのところに桐山くんが登場、っていう流れだったので、その続きのつもりで見始めたら……

 

山崎五段じゃないすか……お疲れさまです……。

 

みたいな具合でした。
どう見る角度を変えてもカタギに見えない。

そのせいか自然と「お疲れさまです」とか謎の挨拶が口をついて出てしまうw

山崎五段は穏やかな人でした。

山崎五段の内面は、将棋も鳩レースもスランプで、とても暗い感じでしたけど、概ね穏やかだった。

でなきゃ鳩なんて育てないって。

二海堂との対局で山崎五段は変わった。

スランプまっしぐらだった山崎五段だったんですけど、桐山や二海堂を見てどうやら変わった、というか元に戻った感じですな。

スランプに怯えるのではなく、探求心が勝ったワケです。

将棋に限らず何をするにしても探求心って大切ですからね。山崎五段にとっては起死回生だったのでは。

カカオ
二海堂が対局で見せた不適な笑みはスゴかった…。

SPONSORED LINK

ひなちゃんの問題はまだ問題のまま…。

3月のライオン アクリルフィギュア 【川本ひなた】
Bパートからはひなちゃんでした。1話丸ごと山崎五段だったら、それはそれで面白いけどw

修学旅行の自由行動中に桐山くんが現れたおかげで乗り切ったようで何より。

後日、桐山くんのおごりであんみつとかをフードファイターばりにたいらげていたコトからも、元気は出ているようですな。

ただ、ひなちゃんが学校で抱えている問題はそのまんまなのが気がかりです。

僕は修学旅行を「乗り切った」と書いたけど、もっとこうお気楽に楽しむもんでしょアレは。

まずはあのしょっぱい担任をどーするかですな…。

どうにもならん感じがして仕方がないけど……。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Amazonでお得に買い物する方法

Amazonで買い物なら、Amazonギフト券を現金で5,000円以上チャージするとお得です。

チャージ額から最大2.5パーセントのポイントが付与されます。


(コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象)

初回チャージなら1,000ポイントもらえるキャンペーンも開催されています!(終了日は未定)

カカオ
クレジットカードと電子マネー払いだとポイントもらえないから注意してね!

CHECK!【お得】Amazonギフト券を5 000円以上チャージすると初回1,000ポイント還元される!