『ボールルームへようこそ』第24話(最終回)感想。多々良と千夏が出会ってくれてありがとうって感じですなっ!

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『ボールルームへようこそ』第24話を見たので感想をば。

前回の感想は「『ボールルームへようこそ』第23話感想。仙石さんからの電話ですよっ。」という記事にありますので読んでない方はどうぞっ。

「ダンスに出会ってくれてありがとう」


序盤からちーちゃんが多々良に「ダンスに出会ってくれてありがとう」 なんてコト言ってロケットスタートを切った最終回。

やだもう、序盤から泣かせないでくれよ…。

ちーちゃんにしてみれば、多々良がいなければダンス復帰はかなわかったんで、今や恩人なんですなぁ。

その後の、二人でいっしょに扉を開けて新たなステージへ行くシーンへ繋げていくのもイイ感じ。

SPONSORED LINK

地獄を抱える釘宮

個人的に影のあるキャラが好きなんで、釘宮が気になって仕方なかったです。

1度は交通事故にあってダンスを離れられるコトに喜びを感じていたというのに、今の自分は踊っている。

ダンスの引力に負けて地獄だと言っているんですけど、その割にめっちゃイイ笑顔なんですよねぇ。

台詞のカッコ良さと笑顔が相まって最高でしたわ。

なんかED見る限りではパートナーと結婚したようで……

 

どこが地獄やねんw

 

多々良と千夏1位!!

ねんどろいど ボールルームへようこそ 富士田多々良 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
最後はどうなるんだろうなぁと僕なりに予想というか選択肢を考えながら見てました。

  1. 多々良と千夏2位でこの先もがんばっていくぞっ、な流れ
  2. 多々良と千夏1位でハッピーうおおお、な流れ

1を選ぶとこの先への展開に繋げるコトができるので、作品の収益の面では美味しいとは思うんですけど、結果を見れば2でした。よかったw

伝統か。

それとも革新か。

審査員の選択は革新でした。技術的に釘宮ペアが劣っていたワケではなくて、その場で魅せられたか否かがポイントだったみたい。

優勝したコトで、多々良と千夏のペアが今後もずっと続く感じになったのが本当によかった。

【まとめ】

ボールルームへようこそ ラバーストラップDUO BOX
2クールに渡って放送された『ボールルームへようこそ』。

社交ダンスについて僕は何も知らなかったし、正直言ってあまりパッとしないなーなどと思っていました。

が、

蓋を開けてみれば毎週楽しみにしている作品になりましたねぇ。

これはキャラクターの勝利だと僕は思ってます。どのキャラも魅力的ですもん。

僕の中では

カカオ
真子ちゃんがメインヒロインだぜうおおおお!!

などと思っていたんですけど、後に登場した千夏がじわじわと魅力を発揮してきて最終回では

カカオ
千夏がメインヒロインだぜうおおおお!!

などと思ってます。男心は複雑なのです。

聞くところによるとこの作品、アニメが原作を追い抜いたとか。マジですか。

原作がアニメの通りの流れを汲むのか分からないし、細かい描写も違うかも。これは原作もチェックしたほうがイイかもしれませんな。

カカオ
『ボールルームへようこそ』はAmazonプライムビデオで独占配信されています。今期どころか2017年のアニメ作品の中でも抜きん出て面白い作品ですぜっ!
SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



【期間限定】
新規会員登録の方限定で、AmazonMusicアンリミテッドが3ヵ月無料で利用できるキャンペーンが開催中!

期間は2021年1月11日まで。お見逃しなく!

>>>Amazon Music Unlimited