『ソロモンの偽証』1~6巻感想。ミステリー要素より心理描写の圧が素晴らしかった。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

どうも。
カカオ(@kudoshin06s)です。
宮部みゆきさんの『ソロモンの偽証』の文庫版を全巻読了したので感想をば。

あらすじ

クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。柏木卓也、14歳。彼はなぜ死んだのか。殺人か、自殺か。謎の死への疑念が広がる中、“同級生の犯行”を告発する手紙が関係者に届く。さらに、過剰報道によって学校、保護者の混乱は極まり、犯人捜しが公然と始まった――。ひとつの死をきっかけに膨れ上がる人々の悪意。それに抗し、真実を求める生徒たちを描いた、現代ミステリーの最高峰。

多くの登場人物の視点に立って物語は進行していきます。

要となるのは死んでしまった柏木卓也。

彼がなぜ死んでしまったのかを、中学生達が学校内裁判を通して解明していく。

心理描写に重きを置いている。

柏木くんがどうして死んでしまったのかを解明していくんでミステリーではあります。

ただ、心理描写の圧が凄くて僕はそっちのほうに気を取られていた感じでしたねぇ。

人間の黒い部分にスポットを当てて、それが膨らんで殺意になっていく様が物凄く丁寧に描かれていたり、嫉妬に狂った女の狂いっぷりが、これまた丁寧に描かれているんですよ…。

読んでいてちっとも癒されないんですけど、引き込まれていきましたねぇ。

明るい話が読みたい人には正直オススメはできません(苦笑)

でも心理面でどんでん返しをかまして終盤でスゲェ感動させてもくれるので、がんばって読むとイイことあるかもしれないよ?

全6巻なので終盤までいくのはやや大変かもですがw

カカオ
以下はネタバレ盛りだくさんな読んだ人向きの内容なので、まだ読んでない人は撤退しよう!僕が面白いと思ったところや気に入ったところをピックアップしていきます。

 

 

SPONSORED LINK

『ソロモンの偽証』の3つのポイント

『ソロモンの偽証』を読んでいて、僕はこの物語のポイントは3つあると思いました。

 

  1. 柏木卓也のトレース
  2. 中学生たちの救済(自分達で助かる)
  3. 愚かな大人たちを浮き上がらせる

 

1つずつ説明していきましょー。

1、柏木卓也のトレース

学校内裁判の準備から裁判で、柏木卓也をトーレスしていたのが印象的でした。

柏木くんがどういう人物かを改めて明らかにすることで、大出の有罪あるいは無罪を立証するために行われていたんですけど、実際は既にこの世にはいない人物をトレースしている作業それ自体が際立っていたように感じましたね。

中学生たちの救済

物語シリーズの忍野メメじゃないですけど、中学生たちが勝手にがんばって勝手に自分たちを助けるワケです。

勝手、という言い方は微妙な気もしますけど、やらんでもイイことでもあったので、やはり「勝手」が僕はしっくりきますねぇ。

勝手にやらなきゃ、周囲の大人は救ってくれませんでしたから。

カカオ
終盤で三宅さんが自分の嘘を曲げずに貫いて神原くんにお礼をしている感じが泣けた…。何その守り方、こっちは泣くしかないだろ……。

3、愚かな大人たちを浮き上がらせる

嫉妬に狂ったマンションの住民のオバサンを始め、空回りしたジャーナリスト、保身に走る学校の先生たちなど、これでもかってぐらいに大人のしょっぱい面が浮き彫りになってました。

特にジャーナリストと先生のダメっぷりはよかった。

先生たちにしてみれば「円滑に物事を進めている」というコトになるんでしょうけど、そーゆーのを保身と言うのですw

【まとめ】

文庫で6冊と結構なボリュームでした。


▲ガッツリしてるでしょ?w

でも読んでいて退屈するようなことはなかったですね。特に1巻と2巻の混沌としていく様はスリリングでしたねぇ。

謎解きを期待しているのならあまりオススメできませんけど、登場人物たちの心理描写だけでも読ませるモノがありますぜ。

▼映画化もしてるのね。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Amazonでお得に買い物する方法

Amazonで買い物なら、Amazonギフト券を現金で5,000円以上チャージするとお得です。

チャージ額から最大2.5パーセントのポイントが付与されます。


(コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象)

初回チャージなら1,000ポイントもらえるキャンペーンも開催されています!

カカオ
クレジットカードと電子マネー払いだとポイントもらえないから注意してね!

CHECK!【お得】Amazonギフト券を5 000円以上チャージすると初回1,000ポイント還元される!