2017年おもしろかった本の総合ランキング!!

SPONSORED LINK

どうも。
読書大好きカカオ(@kudoshin06s)です。

最近はもっぱらラノベばかり…と思いきや、2017年を振り返ってみるとラノベ以外も読んでいたことが分かったので、おもしろかった本の総合ランキングを作ってみました。

ラノベだけのランキング記事「2017年おもしろかったラノベランキングTOP10!!」も書いてあるんで合わせてどうぞっ。

1位 エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

あれもこれもとやるのではなく、厳選してそれに集中する。

そんな姿勢をこの本から学びました。

やることを絞って集中しなければ、物事は進まないし上達もしないし成果も得られない……っていう話なんですけど、結構日常的なことにも触れられていて感心しました。

2回繰り返して読んだんですけど、また読む予定です。何回か読んで自分の思考をエッセンシャル状態に意識せずともしておけるようになりたいので。

おすすめですよん。

2位 Re:ゼロから始める異世界生活15

ラノベランキングでも触れたんでサクッと。

ベア子推しは感動するぜ?

詳しくは以下の記事で触れてますので合わせてどうぞっ。

3位 多動力

あれ、1位の『エッセンシャル思考』と考え方が違わない?

……と、思われるかもしれませんけど、全然そんなコトないんです。

一部抜粋してみますと、

「全部自分でやらなきゃいけない症候群」にかかっている人が多すぎる。  自分の貴重な時間は、自分の強みが一番発揮できる仕事に集中させるべきだ。

エッセンシャル思考と同じです。

それに加えて

あらゆる産業のタテの壁が溶けていく、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。  そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる「多動力」なのだ。

集中と言ってもたった1つのことにリソースを注ぎ込むのではなく、やりたいことをいくつもやっていく。

けれど、自分でやる必要のないことはとことん削ぎ落としていく。

エッセンシャル思考と合わせて読むことをおすすめします。

第4位 モチベーション革命

おじさん、おじいさん世代の会社の人生捧げちゃってる感じの人いるじゃないですか。

ああいう人たちの価値観は「働きまくれば報われる」が体に染み込んでいて、僕らとはまるで違う人種です。

この古い世代と新しい世代を比べ、分かりやすく言語化し、新しい世代がどう動けばいいかヒントを出してくれていました。

素晴らしい本でしたね。

そんな素晴らしい本がプライムリーディングで読み放題になっているのが信じられん…。すげぇ時代だ。

プライム会員の方は読まないと損ですぞい。

第5位 未来に先回りする思考法

これから先の時代を生きていく上で、とても大切なことがこれでもかってぐらいに書かれている一冊だと思いました。

正直丸っと一冊全部が重要な内容だと思っているほどなんですけど、あえてバッサリと割愛して特に大切なことを抜き出すとするなら

現代は「行動する人」が多くを得る時代です。

↑これですね。

この本もまた読むつもりです。

SPONSORED LINK

第6位 冴えない彼女の育てかた13

完結!

詳しくはラノベランキングや以下の記事でも触れてるんでどうぞっ!

第7位 妹さえいればいい。7

泣けたっ!

詳しくはラノベランキングとか以下略っ!

第8位 たった1分で人生が変わる 片づけの習慣

僕は今年、とにかく部屋を片付けていた1年でした。

物が多くていい加減うんざりしてたんですよね(苦笑)

そんな片付け生活の参考にしたのがこの本です。

片付け関連の書籍は数多くあるのでこれがベストかどうかは分かりませんけど、参考にはなりましたよ。

第9位 Re:ゼロから始める異世界生活 14

もしアニメ化したら、あの声優さんの活躍がまた拝めるんですな。

詳しくはラノベランキング記事や感想記事でどうぞ。感想記事はネタバレしてるんで注意ねっ。

第10位 ソロモンの偽証

文庫で全6巻という一般にしては大ボリュームの作品でした。

宮部みゆきさんとのことなので、ミステリーだと思って読んでいたんですけど、この作品は心理描写に重きを置いている感じがしました。

もちろんミステリー要素はちゃんとあるんですけど、登場する中学生達の思いや悩み、感情の爆発で物語を展開、引っくり返していく様は超絶技巧と言ってもいいのでは…。

すっごいよ。

読み応えありましたなー。

【まとめ】

2017年おもしろかったラノベランキングと比べると、かなり様変わりした感じになりました。

自分の思考や進む道についての助けになるような本が上位を占めましたね。

どれもオススメですぜいっ。