『3月のライオン』第34話感想。イジメの証拠もひなちゃんが嘘ついてる証拠もない。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『3月のライオン』第34話を見たので感想をば。

前回の感想は「『3月のライオン』第33話感想。桐山くんが幸せそうで何より。」という記事にありますので読んでない方は合わせてどうぞっ。

担任の先生まさかの離脱…。

波乱尽くしの回でしたなぁ。

 

  • イジメの魔の手が担任へ。
  • ひなちゃんがイジメっ子へ立ち向かうも…
  • 担任、心労で学校を離脱…。

 

序盤で台風ばりの超展開っすわ。
もはやひなちゃんがクラス内で無視されるなんてのは当たり前で、そこから先生へいくとは謎過ぎる…。

担任の先生がまくし立てていたように、暇すぎるだろイジメっ子よ。

ただ担任の心労って今に始まったことではなく、どうも以前から蓄積されていったものらしいですな。

ひなちゃんが相談したときの塩対応の時点でもうアカンかったのかも……。

SPONSORED LINK

臨時の担任は有能

いつか担任を凹ませる展開が来るのかと思っていただけに、勝手に凹んで勝手に離脱していくとは予想外。

臨時の担任が有能なのはもっと予想外。

いやぁ良かった。何が良かったって、三者面談でのイジメっ子側の親御さんへの対応です。

 

  • うちの子がイジメた証拠あるの?(ない)
  • ひなちゃんが嘘ついてる証拠あるの?(ない)

 

この二つを拮抗させて事態を有耶無耶にしようとするイジメっ子サイドを完全に封じてるのが素晴らしい。

というか、「証拠ないの?」って犯人のセリフだぜ?ww

それにしてもイジメっ子の親御さんがまたモンスターペアレンツのテンプレみたいな感じでしたなぁ。ヌカランチャーぶっ放したくなりますわ。

あ、ヌカランチャーというのは以下の動画の序盤で撃ってる武器のことです。


▲あ、これ僕のプレイ動画ねw

フォールアウト4おもろいよっ!