『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第1話~2話感想。こいつぁ切なくなりそうだぜ…。

1 min

※ネタバレ注意

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を見たので感想をば。

あらすじ

一言で言うなら

戦争で生き残った兵士ヴァイオレット・エヴァーガーデンが自動手記人形の仕事を通じて「愛してる」の意味を理解しようとするお話。

こんな感じ。

戦地でヴァイオレットに「愛してる」と言ったギルベルトは、彼女を生かすために自分を置いていけと言って……

もう戻ってこない、とのこと(第2話時点で)。

戦死してしまったのか、はたまた動ける状況ではないのか。それはまだ分かりません。ただ……

めっちゃ切ない話だぜきっと…。

ココが見所

まだ第2話までしか放送してないんですけど、登場キャラは既に出揃っている感があり、見所を判断するだけの情報量はある。

それを踏まえて僕が考える見所は……

  • ヴァイオレットが笑うとき
  • 周囲の人のヴァイオレットに対する思い
  • ヴァイオレットってそもそも何者?
  • ギルベルトのことをヴァイオレットが知ったとき

こんな感じ。
第2話では早くもエリカがヴァイオレットに少し心を開いてきた感じになっとります。アイリスとは揉めそうですなぁ…。

個人的にはヴァイオレットの存在そのものへの疑問があります。なぜ彼女は道具として戦場に行かなければならなかったのか。

まるで兵器として生み出されたような扱い方だったので気になってるんですよねぇ…。

そんなヴァイオレットが笑ったときが来たとしたら、それはきっと最高の見所になるんじゃないかな。うん。

まとめ

ヴァイオレットちゃん、くっそ可愛いよね。

おまけ

▼次のエピソードの感想▼
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第3話感想。「ありがとう」の意味は分かったと思われ。

SPONSORED LINK

カテゴリー:
関連記事