『3月のライオン』第37話感想。宗谷名人って対局してる時以外はどうやって生きてるんだろ…。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『3月のライオン』第37話を見たので感想をば。

前回の感想は「『3月のライオン』第36話感想。たとえワインをぶっかけられても宗谷名人は動じない…。」という記事にあります。読んでない方は合わせてどうぞっ。

宗谷VS桐山の対局は静かでした。

宗谷名人も桐山も無口なもんだから案の定と言えば案の定なんですけどね。

実際に声に出された台詞って宗谷名人の

 

「そういうもんだよ」

 

という言葉だけでは…。
棋士は将棋で語り合うってか。

宗谷名人だけだと思うけど。

桐山に連れられる宗谷も静かでした。え?

台風の影響で新幹線が運休となり、急遽払い戻しやらホテルの予約やらをすることになった桐山くん。

 

なぜか宗谷名人を連れてw

 

宗谷名人、あのまま新幹線の中で眠りこけていた可能性も十分にありますよなぁ。絶対1人にしちゃダメだろw

無表情無口キャラ特有のアンドロイド感を出しまくりの宗谷名人だったんですけど、目線でしっかりと行動の指示を出している感もあった。払い戻しとか。

謎過ぎるキャラっすねぇ。

ひなちゃんの件はもう一段落しているんで、ここからは宗谷名人に深く入っていく感じなのかな?

まとめ

新幹線で思い出したけど、シンカリオンも面白いよ。

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Audible (オーディブル) はもう試しました?

AmazonのAudibleに『このすば』や『ゼロ魔』などのラノベが追加されました!

アニメのキャストの朗読で楽しめますよっ!

Audibleは初めての利用なら無料体験もできますのでお気軽にどうぞっ!

聴くだけで最大3000ポイント貰えるキャンペーンも実施中ですよっ!

詳しいサービス内容についてはAudibleのサイトか僕のレビュー記事を参考にどうぞっ!

関連記事:Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!