「愛着」があると物が捨てにくくて厄介だと思った話【片付けが進まない】

SPONSORED LINK

どうも、オタブロガーのカカオ(@kudoshin06s)です。

皆さんは愛着がある持ち物って何かあります?

僕がパッと思いつくのは、今この文章をタイプしているポメラDM100ですね。すぐさまテキスト打てるところが最高っす。

ただ、愛着が過度に高まると厄介だなーと最近思うようになりました。

愛着がある物ってとにかく捨てにくいんですよねぇ…。

というワケで今回は

  • 愛着がいかに厄介か
  • 愛着との向き合い方
主にこの2点について書いていきます。

SPONSORED LINK

愛着があるから片付けが難しくなっている件

僕は去年からずっと片付けを習慣付けて現在も継続中なんですけど、常々厄介だと思っているのが「愛着のあるアイテム」の処分です。

例えば……

  • 愛着はあるけど使ってない腕時計
  • 愛着はあるけど使ってないベースとアンプ
  • もう読まない本
  • すっかり存在を忘れていたのに捨てようと思うと愛着が沸いてくるフィギュア

などなど。

捨てることもあれば、売れそうなのはブックオフオンラインのネット買取りなどを利用して処分してきました。

処分しててちょっと苦しいときもあったんですよね。

何にでも実用性を求める気はないけれど、忘却していた物にまで愛着が引っ付いてくるから。

思い出の品々、と言ってしまえば聞こえはいいですけどね。

でも実際は部屋のスペースを占拠した挙げ句ホコリが被っている物です。普段は気にも留めてませんでした。

そんなホコリ付きアイテムに愛着を持ってしまうのは、自分のことながら意味が分かりませんでした。

愛着があると新しい物を見なくなりがち。


おそらく使い慣れたアプリとかあると思うんですけど、そういう「慣れた」も長期に渡って続くと「愛着」に変容します。

愛着に変わったとき、そのアプリ以外は見向きもしなくなってしまうことがあるんですよねぇ。

ほかに似ているけど少し機能が違ったり、インターフェイスが扱いやすかったりする物があるかもしれない。

でも愛着があるアプリに触れていると、他のアプリの情報すら仕入れないことが僕にはあります。

アプリで例えましたけど、これは主にツール類に当てはまることが多いすね。

僕の場合だとプラモに使ってる工具とか。

「○○信者」なんて呼ばれてる人たちも当てはまります。何とは言わないけどw

新しい物は古さをアップデートさせていることが多々あるんで、それを見逃してしまうのは機会損失っすよねぇ。

愛着ってホント厄介。

愛着を守るためにお金を使ってしまうこともあった…。

先日、僕は車を手放しました。

【売る決断】車を手放したんで心境とか書いてみた【寂しいけど後悔はない】 

2018.01.31

もう随分前からあまり乗ってなかったんですけど、学生時代にたくさん乗っていて愛着や思い出があり、なんとなく車検に出してなんとなく自動車税払ったりしてました。

 

「なんとなく」で結構なお金使ってしまいましたよ…。

 

愛着があると思考停止して、なんとなく守るためにお金を払ってしまうこともあるワケです。

所持していると税金払ったり保険が必要な物、メンテナンスが必要な物は要注意っすねぇ。

要は固定費がかかる物ですな。

愛着を理由に固定費を払っている場合は、それが本当に必要なのか自問自答してみることをオススメします。

愛着が持てないのも寂しいですけどね。

愛着をdisっといてなんですけど、愛着の持てない物も微妙ですよね。

僕が思うに

  • 使っていて心地よく
  • 長く使っていても心地よさがそのまま

この2点を備えている物は残してもいいかと。

ただ、前述の通り「愛着」が原因では類似アイテムの情報に興味を示さなくなることもあるので注意っすな。

もしより良いアイテムがあるなら乗り換えも検討じゃ。

愛着との向き合い方

  • 愛着を持つこと自体はオーケー
  • 思い出補正が付いて内心では微妙だと思ってる物は処分
こんな感じですね。

どんなに思い出があると言っても、内心では微妙って感じてる物ありますよねw

そんな愛着のある物を捨てるのに必要なのは、気合いです。

根性論みたいでイヤなんですけど、気合い以外にありませんでした。

買い取ってもらえそうな物は売ろう

処分を決意してすぐさまゴミ袋にいらない物を放り込む。

その行動力はアッパレなんですけど、捨てようと思ってる物が買い取ってもらえそうかどうかチェックしてみてください。

本やゲーム、DVDやCDなんかは売りやすいですよ。

売りに行くのが面倒って場合も、ネットから申し込める買取りサービスもあるんで利用してみましょう。

僕はもう何回も利用してるんですけど、いちいちお店に行かなくていいんで楽でしたねぇ。うん。

以下のレビュー記事は僕が実際に利用して確かめたものですので、参考にどうぞ!

まとめ

断捨離のように何でもかんでも捨ててしまうのは個人的には微妙だと思ってます。

思い出だって大切です。

ただ、内心で「いやこれはちょっと微妙だよな…」っていう物まで取っておくのもアカンかと。

家が豪邸で広ければいいんですけどね。

大抵の人は限られた空間をやりくりしてるはず。

ならば、どこかのタイミングで処分しないといけないんですよねぇ。

愛着と上手く付き合っていきたいところです。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Audible (オーディブル) はもう試しました?

AmazonのAudibleに『このすば』や『ゼロ魔』などのラノベが追加されました!

アニメのキャストの朗読で楽しめますよっ!

Audibleは初めての利用なら無料体験もできますのでお気軽にどうぞっ!

聴くだけで最大3000ポイント貰えるキャンペーンも実施中ですよっ!

詳しいサービス内容についてはAudibleのサイトか僕のレビュー記事を参考にどうぞっ!

関連記事:Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!