2018年1月に読んだ本まとめ。『弱キャラ友崎くん』がきてますな。

SPONSORED LINK

どうも。
オタブロガーのカカオ(@kudoshin06s)です。

月替わりしたんで先月に読んだ本のまとめです。
先々月のは「2017年12月に読んだ本まとめ。バラエティに富んでます。」という記事にありますので興味のある方はどうぞっ。

 

弱キャラ友崎くん2巻

1巻が面白かったんで即購入して読んだ。

生徒会選挙って定番のイベントだけど、描き方によってはまだまだ使えるシチュエーションだなーと思った(小説書き的感想)

関連記事:『弱キャラ友崎くん Lv.2(2巻)』感想。みみみの外向きな明るさと内面の暗さのギャップが超よかった。

 

SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方

ツイッターやインスタ、yotubeなどの扱い方を著者なりに解説してありました。

分かりやすくて内容がすーっと頭に入ってきます。

Amazonのレビューはあまり良くないけど、SNSの扱い方をイチから学ぼうとする分には僕はオススメですな。

 

弱キャラ友崎くん3巻

3巻は友崎くんと日南が衝突するところが読み応えありましたねぇ。

そして表紙になってる菊池さんがマジ天使。

関連記事:『弱キャラ友崎くん Lv.3(3巻)』感想。友崎くん最大の試練でした。

 

弱キャラ友崎くん4巻

物語が8割くらい進んだところで超絶ヘビー展開を迎えます…。

なんかこう、ずっといい感じに進んでたんで嫌な予感はしてたんですけどねw

ちなみに4巻だけでは終わらず5巻へと話は続きます。

関連記事:『弱キャラ友崎くん Lv.4(4巻)』感想。紺野エリカの空気を制する女王っぷりが炸裂してヤバい。

 

弱キャラ友崎くん5巻

泣けた。

関連記事:『弱キャラ友崎くん Lv.5(5巻)』感想。日南葵さんを怒らせると教室丸ごと敵に回すようです……。

 

文句の付けようがないラブコメ1巻

想像してた感じとえらい違っていて驚いた。

タイトル通り基本はラブコメですけど、かなりのシリアス展開だったり、めっちゃヘビーな描写もあります。

関連記事:『文句の付けようがないラブコメ』1巻感想。神鳴沢セカイと桐島ユウキの設定が切ない…。

 

まとめ

以上です。
『弱キャラ友崎くん』に夢中になった1ヵ月でしたねぇ。めっちゃ面白い。

対人指南書や自己啓発の要素をラノベに落とし込んだ感じでよく出来てるんですよ。感動して泣かせてくるしマジでオススメですよん。

アニメ化してくんないかなぁ。