『恋は雨上がりのように』第5話感想。店長はワナビかもしれない。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『恋は雨上がりのように』第5話を見たので感想をば。

前回の感想は「『恋は雨上がりのように』第4話感想。加瀬はあのやり方で橘さんをどうにかできると思っているのか問題について。」という記事にありますので読んでない方はどうぞっ。

ハムスターに始まりハムスターに終わった

店長の息子がハムスターを店に連れてきて店長に飼ってもらおうとするも、店長は店にいなかった。

ひとりで店長の家に行かせるワケにも行かないので、ちょうど仕事終わりの橘さんが行くことに。橘さん的に美味しい展開。

端から見たら美味しいとは言い難い状況でしたけどね。

案の定というべきか店長の住むアパートは男の一人暮らしらしい有様で、ユイちゃんがいたら口呼吸で過ごすこと間違いなし。

  • その後店長が帰ってきてハムスターを飼うことになったり、
  • 橘さんに麦茶ぶっかけ騒動などを経て店長がハムスターを飼うことが大変だと知り、
  • お店ではみんながハムスターをきっかけに店長とたくさんコミュニケーションを取って店長が喜び、
  • 橘さんはそれがおもしろくなくてキレて店長を独占してハムスターに必要な物のメモを渡した。

 

ハムスター尽くしぃ!!

店長がワナビかもしれない件

店長の机の様子やグシャグシャの原稿用紙を見る限り、彼は十中八九ワナビだと思われ。しかも息子くんの話だと純文とのこと。

そーいや橘さんを見て昔の自分を振り返るときの表現がやけにキレイだなーと思ってたけど、純文が好きなのも影響してるんですかね。

僕も小説書いてるんで(純文じゃないけど)、共通点が見つかって嬉しい。

まとめ

ハムスターの大流行で加瀬の出番がなかっためでたしめでたし。

▼次の話はこちら▼
『恋は雨上がりのように』第6話感想。友達が離れてっちゃうパターンが来たぞ~。

カカオ
『恋は雨上がりのように』はAmazonプライムビデオで独占配信中です。橘さんが店長にグイグイ迫ってるとこ面白いんで見てほしいっ。