『りゅうおうのおしごと!』第6話感想。速報!つるつるですっ!

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『りゅうおうのおしごと!』第6話を見たので感想をば。

前回の感想は「『りゅうおうのおしごと!』第5話感想。悔しさをバネにがんばるスタイルです。」という記事にありますので読んでない方は合わせてどうぞっ。

まずは名人の下位互換に勝ちたいところなんだけど…。

序盤から八一の敗北で始まった今回。相手は名人の下位互換的な存在だとかで、八一としてはいつか来るかもしれない対名人に備えることもできるし、勝てば名人への勝利に一歩近づく……と思ったのかもしれません。

現実は厳しい。

下位互換くんはかなり研究熱心で知られているらしい。もちろん八一だって勉強してるんでしょうけどね。

将棋に限った話じゃないですけど、ホント、研究や勉強って大切ですなぁ。

ちなみに勉強で悩んでいる人は、「好きなこと」と「勉強」が合体してる分野を見つけるとええかと。うん。

SPONSORED LINK

ゴキゲン中飛車

TVアニメ『りゅうおうのおしごと!』エンディングテーマ「守りたいもののために」(通常盤)
下位互換くんに負けた八一があいを連れて訪れたのは、将棋道場と銭湯を合体させたお店。大阪にはリアルにこういうお店あるのかしらん…。

そこのマスターが「ゴキゲン中飛車」という指し手を得意とする人で、八一は教えを請いに来たワケです。

正直言って僕は将棋のルールはあまり分かっていないんで、ここら辺はフィーリングで楽しんでるんですけどね。

思いの外ガッツリと将棋の描写を描いているんですよねぇ『りゅうおうのおしごと!』って。

でもそれでも面白いからこの作品は凄い。

「考えるんじゃない!感じるんだ!」

とかね。
いや将棋って考えるもんじゃないのん?ww

遊びの将棋ではありません。

りゅうおうのおしごと! 雛鶴あい 対局開始! 1/7スケール PVC&ABS製 塗装済み完成品フィギュア
あいが澪に勝利して泣いて帰ってきたところが個人的に見応えありましたねぇ。

澪も澪で泣いてしまっていたんですよ。もう完全にあいのほうが実力が上だと分かってしまって。

それを見たあいが澪を泣かせてしまったことに落ち込んでしまった、と。

子供にはヘビーな世界ですねぇ…。

プロ棋士を目指している以上、彼女たちにとって将棋は遊びではないので、涙はあったとしても勝者と敗者が慰め合ったり、ましてや強いほうがワザと負けるなんてのは有り得ない。

子供には厳しいけど、これがプロの世界なのだっ。

……なんて思ったんですけど、僕は遊びでもワザと負けたりしないし、ワザと負けられたらつまんないなぁと思う。

こういう買った負けたで揉めたくないなら、友達とはモンハンとかやろうw

まとめ

▼次の話▼
『りゅうおうのおしごと!』第7話感想。年齢制限の辛み…。

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)