『博多豚骨ラーメンズ』第6話感想。にわか侍にしちゃあ細すぎるw

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『博多豚骨ラーメンズ』第6話を見たので感想をば。

前回の感想は「『博多豚骨ラーメンズ』第5話感想。猿渡と斉藤が手裏剣投げ合う展開期待してます。」という記事にありますので読んでない方は合わせてどうぞっ。

今回あったことまとめ

  • 林がにわか侍の代わりに出撃するも忍者に返り討ちにあう
  • 忍者との戦闘中に連れ去られる林
  • 拷問屋に依頼が来るが、拷問対象が林だったため保護
  • 華九会の親玉がさゆりという殺し屋に殺される。
  • 忍者VSにわか侍。引き分け。

てな感じっす。

林じゃ細い

にわか侍の代わりに林が登場したのが面白い展開でしたなぁ。前回代わりに仕事をする云々なんて話が出てましたけど、それが布石として利いてますねぇ。おもしろい。

にわか侍の変わりにしては細すぎるけどw

猿渡の相棒はせめてにわか侍の背格好ぐらいの情報は収集しておくべきでしたよな。そんぐらいやりそうな男に見えたんだけど案外抜けてるのかも。

さゆりさんマジきれい。

あと「さゆり」ってキャラがめっちゃキレイで良い。しかも馬場の元カノ?みたいな空気ですよ奥さん。

これからも登場してくるのかしらん。

互角の相手がいることで得られる効果がある。それは…。

博多豚骨ラーメンズ 猿渡俊助 ぎゅぎゅっと缶バッチ
異世界モノとかでよくある「チート」。序盤から圧倒的な強さを誇り向かうところ敵無しの状態で突き進むアレです。

にわか侍の強さもこのチートめいた雰囲気が少しあったんですよ。今回までは。

でも猿渡が馬場と互角の戦いを演じてくれたんで、チートな雰囲気は薄れたかなーと思うんですよね。

にわか侍が戦っても圧倒できないキャラがいるっていうことは見ていて分かりましたから。

まぁ今回の引き分けは、半ば猿渡の負けな気がしないでもないんですけどね…。

でも互いに傷をつけあうだけのバトルだったんだからオーケーでしょう。後は猿渡の立ち上がりの投球の悪さをどうにかすりゃあいいんだけどw

まとめ

ハッカーくんが1番楽に稼げてるよね。

▼次の話▼
『博多豚骨ラーメンズ』第7話感想。キノコのターンがきたぞっ。

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)