『恋は雨上がりのように』第8話感想。前髪の断髪式、始まります。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『恋は雨上がりのように』第8話を見たので感想をば。

前回の感想は「『恋は雨上がりのように』第7話感想。友達としてのハグならセーフです(真顔)」という記事にありますので読んでない方は合わせてどうぞっ。

あらすじ


色々とアウトな感じが否めない友達となった橘さんと店長。その後もさらにアウトな方向へ突き進……むようなことはなかった。

橘さんは現代文の補修で、店長はその補修の課題で出された羅生門にめっっちゃ食いついたぐらい。

その後LINE…ではなくメアドの交換。おじさんとしては助かる神対応を見せる橘さん。

スローテンポながらも進展を見せる二人。

……てな感じでした。
前回の怒濤の展開からのまったりじっくりな具合が上手い。

僕はまた「ちひろ」について深く掘り下げてくるんかなーと思っていたけど、それはなかったすな。気になっとるんでいつかまた触れてほしい話題っす。

あとユイが可愛すぎる。吉澤と幸せになって欲しいけど、あの野郎空気読まずに「俺……実は橘さんのこと好きでさー」とか言い出しそうで恐い。

SPONSORED LINK

お祭りは店長ではなく、はるかと行った件

カカオ
あ、店長を誘ったんじゃないんだ…

ラストのお祭りのシーンを見て僕はそう思いましたなぁ。橘さん、店長誘ってのお祭り、そこから何かまた色々あっての進展かと思っていたんですが。

ただ、はるかを誘ってくれたのは見ていて嬉しかったなーと。

陸上部とは疎遠になっていき、はるかとも距離が空いていく……というのは、はるかの回想シーンを見た身としては寂しすぎますからね。

橘さんの心境はもう想像でしかないんですけど、やたらと「友達」というワードが出ていた中で、自分にとっての友達とは……という問いとその答が出た結果が、はるかをお祭りに誘うという行動を取らせたんじゃないかなと僕ぁ思いますな。うん。

まとめ


吉澤の前髪の断髪式、無事終了。

▼次の話▼
『恋は雨上がりのように』第9話感想。「俺達は大人じゃねーよ。同級生だろ?」←学生時代の友達に会いたくなったわぁ。

 

カカオ
『恋は雨上がりのように』はAmazonプライムビデオで独占配信中されています。吉澤の前髪を見てくれw
SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)