『3月のライオン』第39話感想。燃える柳原さんがカッコよすぎる…!!

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『3月のライオン』第39話を見たので感想をば。

前回の感想は「『3月のライオン』第38話感想。二海堂が通常運転だと明るくなりますな。」という記事にありますので読んでない方は合わせてどうぞっ。

あらすじ

柳原と島田の対局がメインだった今回。

柳原のホームだったらしく、彼は馴染みの顔に囲まれウェイウェイ。島田は桐山と二海堂を連れて佇んでいるというアウェイ感。

けれど柳原は柳原で、これまで関わってきてそして離れていった仲間たちの応援を背負っていて、ただの老人ウェイ勢ではないことを窺わせる。

そしていざ対局が始まると、柳原の戦いぶりが予想外の戦術だったらしく、解説の桐山は驚き、二海堂は

「マンガで見たっ!」

と興奮する。落ち着こうぜ。

対局は一進一退を繰り返した末、島田が優勢になった……が、柳原は諦めちゃいない模様…。

てな感じでした。
いやぁ、島田が見せてくれる回かとばかり思っていただけに、柳原の過去や内面にスポットを当ててきて驚きました。

どっちも応援したくなる対局っすなぁ。うん。

SPONSORED LINK

棋士から将棋を取ったら何が残るのか問題

棋士から将棋を取ったら何が残るのか。

野球選手から野球を取ったら何が残るのか。

小説家から小説執筆を取ったら何が残るのか。

ブロガーからブログを取ったら何が残るのか。

例えるとキリがないかもしれませんな。

考えるとゾッとする話ではあるんですけど、そこは

「もし無くなったら器が空になるだけ。むしろ何か入れる余地ができてよかったぜ。さあて何入れようか」

みたいな具合にワクワクする方向へ考えればいいかなと。

それにそれまで培った経験は頭の中に残っているワケだし、無駄になんてならないと思うんですよね。うん。

まとめ

僕はあのポスター好きっすw

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)