『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第9話感想。配達のおじさんグッジョブ。

2 min

※ネタバレ注意

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第9話を見たので感想をば。

前回の感想は「『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第8話感想。ギルベルト…なんであんな遮蔽物のないとこで余裕かましてたん……。」という記事にありますので読んでない方は合わせてどうぞっ。

あらすじ

戦争の末期、ギルベルトがさらに撃たれ、彼を連れて逃げるヴァイオレットも撃たれ腕を失い……。僕は朝ご飯悔いながら見てたんですけど、朝から納豆かき混ぜて見る作品じゃないな…。

時間軸は現代に戻り、瓦礫の中からギルベルト少佐を探すヴァイオレット。いきなり視聴者を泣かせにくるスタイルです。朝から納豆(以下略

ギルベルトの死と、自分のやってきたことで苦しむヴァイオレット。

けれど配達員のオッチャンを手伝い手紙を届け、アイリスたちからの手紙を読んで生気が戻った感が…。

てな感じです。
泣かせるねぇ。

NATTOおいしかったっす。

配達のオッチャンええ仕事してます。

どれひとつ取ったって、誰かの大切な想いだからな。届かなくていい手紙なんてないんだ

なに配達のオッチャン……唐突に登場したかと思ったらめっちゃええコト言うんですけど。

うーん、今回はマジで泣かせてきやがりますな。

ただ僕はこのサンタクロースみたいなオッチャンの名前が分からない。

終盤のヴァイオレットとクラウディアのやり取りもよかったっすなぁ。

ヴァイオレットが過去にやってしまったことはアカンことで消えないけど、同時に誰かの思いを届けたり、代筆して伝えることもできて、そして消えないんだよ、みたいな。

今期1番泣かせてくる作品だわ。

ギルベルト生存展開はなくてもいいような気がする。

回想シーンを見る限りでは、ギルベルトは瓦礫に埋もれてしまったというより爆発で吹っ飛んだみたいな感じに見えましたなぁ。

それでも遺体が出てこないのは変か。多少は残ってるか。

でも正直言って、ヴァイオレットが自動手記人形の仕事を通じて感情を理解し、今回みたいに少佐の命令無しで立ち上がったのを見ていると、ギルベルト生存展開はなくてもいいような気がしてきた。

戦争という状況だったとはいえ、ヴァイオレットがやってきたことを考えると、悲劇を背負っているほうが物語映えすると思うんすよね。うん。

もちろんギルベルトが生きてたら、それはそれで嬉しい。

まとめ

良い最終回だった、って感じなんですけど、この後どんな話になるのかしらん。

▼次の話▼
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第10話感想。アンが手紙を読むシーンで涙腺決壊した…。泣くしかねえ……。

SPONSORED LINK

カテゴリー:
関連記事