『博多豚骨ラーメンズ』第10話感想。着々と林に近付いていく緋狼の戦闘力やいかに…。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『博多豚骨ラーメンズ』第10話を見たので感想をば。

前回の感想は「『博多豚骨ラーメンズ』第9話感想。林の言う「ぬるま湯」がちっともぬるま湯じゃない件について。」という記事にありますので読んでない方は合わせてどうぞっ。

あらすじ

https://twitter.com/hakata_tonkotsu/status/974633049483722754

組織を潰すことにした馬場に林も協力することになった。馬場も林も狙われていて、元をたどると林のせいだから的な。
にわか侍なんぞやってたら誰かしらから狙われると思うが…。

馬場たちとは別に、立ち上がりがいつも絶不調で話題のサブマリン忍者こと猿渡も組織壊滅に向けて動き出した。

この2グループが互いのターゲットを先取りして「おや?」となったものの、今のところ獲物の取り合いで激突するようなことは起きてない。

林はというと、馬場に裏切られるのを恐れ自分から家出した。過去に緋狼に裏切られた経験が、林をチキン野郎にしてしまってる。

林の回想に登場した緋狼は、既に来日していて組織に雇われて派手にヤッとります。

その先で、立ち上がりが以下略な猿渡と遭遇。いざ対戦……!?

……てな感じです。
組織組織書いているのは、僕が組織の名前を忘れちまったからです。

なんて名前だっけ。カントー界とかそんなんだったような。絶対違うな…。

SPONSORED LINK

みんな堂々とヤッちまってますな…。

馬場&林はまぁ屋内で仕事したから目立たないとして、猿渡と緋狼の仕事ぶりは派手というか雑すぎるんでないすかね…。

猿渡はやたら広々してる駐車場っぽかったし、緋狼に至っては監視カメラも普通にあるコンビニでやっちゃいましたよ。

彼らにとって、警察に捕まるというリスクはないも同然で、本当のリスクは同業者にやられることなんでしょうな…。

どうでもいいけど斉藤おまえ……ホント巻き込まれタイプだなーw

緋狼の戦闘力はどれほどか

博多豚骨ラーメンズ トレーディングラバーストラップ コンプリートBOX BOX商品 1BOX=7個入り、全7種類
次回は緋色狼と猿渡の対戦になるんですかね。どっちのほうが強いんだろなぁ。

猿渡は過去に馬場とやりやって、ほぼ互角の戦いを演じた男なのでもちろん弱くはない。ただ手裏剣が全く使いもんにならないけど。

対して緋狼はどうか。
訓練時代は林と互角のように見えたけど、あれから時を経ているので強くなっているんでないのかなぁ。

もし猿渡を上回るようなことがあったら、林はもうアカンっすな…。何せ林は猿渡相手にほとんど負けたような対戦やらかしてるし。

まとめ

…で、ミサキが目立つ話はいつです?

▼次の話はこちら▼
『博多豚骨ラーメンズ』第11話感想。猿渡は泳げないっちゃ!www