「もう無理……」と思うのを忘れるぐらい夢中になれるモノがあると楽しいよ。

SPONSORED LINK

どうもお疲れ様です。
オタブロガーのカカオ(@kudoshin06s)です。

最近色々あって出来てなかったジョギングを再開したんですけど、走った後にくっそ疲れつつ思ったことを綴っていきまっす。

気がついたら自分にめっちゃ負荷をかけていた件

最初はかなりスローだったんですけど、走っているうちに楽しくなって徐々にペースが上がっていったんですよね。

しかも楽しいもんだから長い時間、長い距離を走っていられた。

別に最初からこんなに負荷をかけるつもりはなかったんですよ。

僕はどちらかというと「いのちはだいじに」を作戦に選んで行動するタイプなんでw

SPONSORED LINK

夢中になれるから無理ができてしかも進化する

「いのちをだいじに」な感じの僕がどうしてゼェゼェ言いながらも走っていたのかと言えば、夢中になっていたからですな。

スローであろうと速めであろうと、走るのは好きなんで。

走っているときは「もう無理……」だなんて思うことがなかったです。

これが自分のやりたくないことになると「もう無理……」が発動するでしょうなぁ。

この記事を書いている今はやや筋肉痛ではあるんですけど、僕の中では

 

カカオ
あのペースと距離を俺は走れたワケだな。

 

という経験値が加算されています。ゲーム的に言うとレベルが上がった感ある。

夢中になれることがあると最強

僕の今回のケースはジョギングでしたけど、夢中になれることなら何でもいい。

自分が時間と疲労を忘れるほど夢中、熱中できるものを見つけると最強だと思いますぜいっ。

ちなみに僕が最近夢中になりつつあるのはゲーム配信です。

見るのも好きだったんですけど、最近は自分で配信するようにもなりましたわ。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)