『ひそねとまそたん』第4話感想。TACネーム「セクシージャガー」爆誕!!

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。
『ひそねとまそたん』第4話を見たので感想をば。

前回の感想は「『ひそねとまそたん』第3話感想。まそたんが「フォレスト」に反応する理由ってこうじゃないかな。」という記事にありますので、読んでない方は合わせてどうぞっ。

あらすじ

はいはーいっ、新キャラ登場でっせ!
全員Dパイでっせっ!

星野絵瑠(ほしのえり)、絹番莉々子(きぬつがいりりこ)、日登美真弓(ひとみまゆみ)の3名。

ついでに貝塚さんに「セクシージャガー」というTACネームが追加された(自分で追加した模様)。

この新キャラたちを交えて訓練をやったんだけど、星野さんがひとりで突っ走って発狂&暴走。

装甲ブチやぶってドラゴンが姿を現してしまって大変なことに。

落ち込む星野さんに雑誌で「共感力スキル」を身につけたひそねが、持ち前の素直さでさらに追い込み凹ませにかかって無事に人間関係に亀裂が入った。

共感力とは…。

ってな感じでした。

SPONSORED LINK

共感力からの人間関係破綻

ゴムゴムとかいう妙な雑誌を読んで得た知識で、人間関係をどうにかできたら苦労はしないw

ただあの手の雑誌に書いてある「人間関係を円滑にしよう」的な記事って要するに

 

  • なにそれなにそれー
  • すっごーいっ
  • きみはドラゴンを暴走させるのが得意なフレンズなんだねっ

 

みたいなサーバル的なリアクションを要求しているんでないかと思われ(テキトー

いずれにしても人間関係は破綻しますなw

やはりドラゴンはただの乗り物じゃない件

日登美がキレていたように、ドラゴンは物じゃあないっすね…。

物扱いした結果が星野の暴走に繋がっちゃってるワケで…。

この兵器に感情を持たせるのって「ひそねとまそたん」で始まったことじゃないけど、この作品はぬるっとドラゴンに変形するから生物感が半端ないですな。

星野はまず、ガラケーを餌として与えるところから始めるべきっすな。

まとめ

新キャラよりもセクシージャガーの印象のほうが強いぞw

▼次の話はこちら▼
『ひそねとまそたん』第5話感想。全ては星野次第…。

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)