WEB小説で広告収益を得るサービスは流行るか否か

SPONSORED LINK

(2018年10月22日に追記しました)

まずは以下のツイートを見てください。

 

おぉ、これはいいですね。広告収入に目を付けたのはナイスです。

とかく我々素人作家が小説で収入を得ようと思うと電子書籍販売、自費出版ぐらいしか思いつきませんから。

バンバン告知していってユーザー数集めてヒット作を出せれば、流行るんじゃないでしょうか。期待してます。

 

SPONSORED LINK

 

実はすでに…

ただ、実は広告収益型の小説投稿サイトってすでにあるんですよね。

サイト名は出しませんけど、残念ながらあまり流行っている様子はありません…。

うーむ、『WEB小説で広告収益』っつうのがピンと来ないのかも。

案外、PV数の割に収益少なくない?なんてことも起こりえるし、未知数ですもんね。

そこいくと電子書籍販売は単純な売り上げなんで分かりやすい。

ミラクリエが広告収益型の中でもどんな形を取るかはまだ分かりませんけど、頑張って欲しいです。

 

まとめ

これからの主流になるか否かは、単純にユーザー数をどれぐらい獲得できるかにかかっているかと思います。

僕も小説書いてますけど、やはり流行っていない投稿サイトに載せようとは思いませんし。

ただ、ミラクリエはサイトデザインも洗練されているしアンケートシステムもスバラシイですよ。

感想書くのはちょっと…という読者もこれなら躊躇せずに答えてくれそう。

作品の数も結構増えてきているみたいですし、Twitterで『#ミラクリエ』なんてタグを使って宣伝してる作家さんも結構見かけます。

じわじわと流れが来ているのではないでしょうか。

って、僕はまだミラクリエには短編ひとつしかアップしてませんが(汗)

広告収益のことがハッキリしたら、長編のアップを考えようかなと考えております。

応援してますよ、ミラクリエさんっ!

追記

2018年3月17日現在、ミラクリエに広告収益を得るサービスが見当たらないんすけど…(苦笑)

どっかにあります?

セルパブはできるようになってたり、カシキャラといった代わったシステムはある。

が!

この記事で注目した広告収益型の話はどーしたんだろ…。

ミラクリエ公式ツイッターを1ヶ月分ぐらい遡ってみたんですけど、作品の宣伝やRT、定期ツイートっぽいのがかなり多くて手がかりは無し。

サイトデザインは随分変わって以前よりも爽やかになってますな。

ただ流行っているかは微妙っすね。

小説投稿サイトっていうと、今は「小説家になろう」か「カクヨム」が真っ先に思いつきますし…。

追記2

2018年10月22日にもう1度ミラクリエを確認してみたんですけど、やはりユーザーが広告収入を得る云々っていうのはないっすね…。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Amazonでお得に買い物する方法

Amazonで買い物なら、Amazonギフト券を現金で5,000円以上チャージするとお得です。

チャージ額から最大2.5パーセントのポイントが付与されます。


(コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象)

初回チャージなら1,000ポイントもらえるキャンペーンも開催されています!(終了日は未定)

カカオ
クレジットカードと電子マネー払いだとポイントもらえないから注意してね!

CHECK!【お得】Amazonギフト券を5 000円以上チャージすると初回1,000ポイント還元される!