本レビュー 夏海公司『なれる!SE10 闘う?社員旅行』

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

なれる!SE10 闘う?社員旅行 (電撃文庫)
なれる!SE10 闘う?社員旅行 (電撃文庫)

『なれる!SE』の10巻を読了したので、早速レビューをば。
10巻は4つの短編で構成されていて、桜坂以外の視点で語られる話や妹の誉がメインで登場したりする話があって、いつもとは違った気分で読めました。
とりあえず、普段よりはブラック臭は薄いですw
相変わらず六本松が新たな仕事を嵐のように持ち込んでは来ましたが……。

以下はネタバレ有りの感想です。これから読もうとしている方や読むかもしれない方はスルーすることを推奨致します。

 

 

今回は四つの短編それぞれの感想を綴ろうかと思います。

 

エピソード1『闘う?社員旅行

スルガシステムで毎年行われている社員旅行に工兵を含め全社員が参加する。
旅館の幽霊騒動やらカラオケ大会、安定の立華と梢の乱闘wなど、重い話はなく、コメディ全開といった具合で楽しめました。
読んでいて『会社イベントってアレだよね……』という気が重くなる感覚はあったけれど(苦笑)
言ってみれば帰れない飲み会ですからねぇ。
社風にもよるでしょうけど、僕が以前いた会社はそれはもう飲みに関しては激しすぎるの一言。これも仕事だと割り切っていましたが、あの飲み会で得たものはいったい何だったのだろうかと、未だに首を傾げるばかりです。むしろ失った時間の大きさに辟易とさえ……。

 

エピソード2『もう悩まない?システムサイジング』

例によって六本松の無茶振りによって工兵と室見が発狂するお話w
それ以上でも以下でもないです。
ただ、無茶振りの中でもこのお話はASAP(As Soon As Possible)について言及されていました。ちなみにASAPの意味は『可及的速やかに』だそうです。
すでに多量のタスクを抱えていた工兵たちに、さらなるタスクを、それも最優先でやれと六本松が言ってきて、梢も巻き込んで乱闘有りの大騒ぎでしたw
面白く笑いを堪えて読んでいたけれど、もしリアルだったらと思うとゾッとしました……。

 

エピソード3『インタビュー?ウィズ・ニューリクルート』

次郎丸縁が就活サイトの動画企画に採用され、取材されるお話。
取材サイドの視点から次郎丸の日常が語られていきます。
工兵や立華は出ず、次郎丸メインで今までにない形でとても新鮮でした。
取材サイドとしては就職したばかりの新人の苦労や失敗を取材したいのに、次郎丸が新人離れした力量を見せつけて使える映像が全く撮れなかったのが笑えた。

 

エピソード4『誉=コンティンジェンシー』

誉には失踪癖がある、そんな出だしでこのお話は始まりました。
そんな誉が例によって失踪し、工兵たちの会社に突如襲来したっていうw
送らなければいけない荷物を桜坂がミスして送れずにいたとき、誉がカモメに借りた自転車(ロードレーサー?)に乗って街を疾走し荷物を届けて大活躍でした。
とにかくタイトルですぐに『誉が登場するぜ!』とテンションを高くした僕ですw
いや、この本って基本社会人ばかりで学生が出ないじゃないですか。もちろん最近のラノベにはないキャラ構成で僕は好きなんですが、たまには学生さんが見たいなーと思ったりw
誉のアグレッシブなキャラが、この話でより強く印象付けられましたね。
今後の活躍に期待ですw

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Audible (オーディブル) はもう試しました?

AmazonのAudibleに『このすば』や『ゼロ魔』などのラノベが追加されました!

アニメのキャストの朗読で楽しめますよっ!

Audibleは初めての利用なら無料体験もできますのでお気軽にどうぞっ!

聴くだけで最大3000ポイント貰えるキャンペーンも実施中ですよっ!

詳しいサービス内容についてはAudibleのサイトか僕のレビュー記事を参考にどうぞっ!

関連記事:Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください