上司に言われてテンション下がった発言まとめ

SPONSORED LINK

カカオ
どうもお疲れ様です。
カカオ(@kudoshin06s)です。

人のテンションを下げることにかけては超一流な人っていますよね。

 

会社の上司です。

 

え?
自分の上司は違うって??

それは素晴らしい。そんなアナタはこの記事を読んで笑ってください。

逆に共感した方はこっそり転職の準備をするなりしたほうがいい。

はい、今回は「上司に言われてテンション下がった発言」をまとめてみました。

ちなみにこの記事で登場する上司は、一部を除いて主に僕が以前勤めていたとこにいたパワハラ野郎です(白目

挙げてみると色々あったなぁ…。

SPONSORED LINK

「話があるから○○時に俺んとこ来て」

カカオ
(その意味のない引き何なん?)

何を言われるんだろうかと気が気じゃないんで、とっとと言って欲しい。

仕事に集中できないし心臓に悪いっす。

ちなみに大抵は仕事が増える系のロクでもないことだった。

「丁度良いところに来たな」

カカオ
(アナタにとってはね)

僕にとっちゃ最悪のタイミング以外の何物でもないパターンがほとんどだった。

 

「ちょっといいか?」

カカオ
(よくない)

ちょっとで済むような用件ではなかったことがほとんど…。

 

「次の土曜なんだが──」

カカオ
(休みですよね?)

僕の土曜に何する気だコノヤロウ!!

ってな感じでした。土曜出勤とかホント勘弁して欲しかったですなぁ…。

「悩みがあるなら言ってみろよ」

カカオ
(アナタが悩みの種そのものですが)

酒の席でスゲェ高圧的に言われましたね…。

アンタの存在が悩みだよっつうの。

誰も悩みを打ち明けたくなくなるまである。

ただ僕に悩みがあることは看破していたようですな。できれば空気を読んで僕を飲みに連行しないで欲しかったけど。

「おはよう」

カカオ
(おやすみ)

おはようって言われるのも言うのも嫌だった…。

嗚呼、1日の始まりなんだなーと否応なしに実感してしまうから。

「どんどん借金しろ」

カカオ
(僕の代わりに返済してくれるのなら)

これはインターンの頃からよく言われてましたなぁ。

  • 良い手帳を持て。
  • 良い車に乗れ。
  • 良い酒を飲め。
  • 大丈夫、金は働いて稼いで返せばいいんだ。
ってな感じで。
こうして上司に言われたことを列挙してみると、ヤバい宗教の勧誘のようにも思えてくる。

全然大丈夫じゃねえ…。

インターンの段階で内定辞退しときゃよかった…。

ちなみに当時の僕は真に受けて2万する手帳を買いましたね。

 

その後捨てたけど。

「会社の近くに住んだらどうだ?先行投資先行投資っ!」

カカオ
何を言ってるんだコイツは…

「先行投資」という言葉の意味について深く考えさせられましたですはい。

僕は会社の往復で2時間くらいかかってたんで、それを短縮するという意味では確かに投資になる。

ただ投資したならリターンが欲しいワケですよ。

この場合のリターンは浮いた時間ですね。それは良い。

問題は、浮いた時間がどうせ仕事やらどうでもいい飲み会に費やされてしまうことが目に見えていること…。

いったい何の目的で投資するのかサッパリ分かんない。少なくとも僕にとってリターンになることは何もなかった。

誰がそんなもんに投資するか(苦笑

「飲み行くぞ」

カカオ
(行くことは決定なんですね白目…)

飲みについては以下の記事に色々書いてあるんでどーぞ。

「次の店どこにすっかー」

カカオ
(1軒だけで十分です)

飲みについては以下略。

「ベンチャーだがウチは終身雇用を目指してるんだ」

カカオ
(4回転職したくせに何言ってるんですか)

これは当時の社長の言葉です。

僕が務めていたのは当時50人ちょいの社員がいた会社なんですけど、退職者がかなりいたんですよ(まぁ僕も退職したけどw)

そのため何らかの対応が必要だと考えた末の言葉だとは思う。

ただ言われた僕にしてみると

「こんなとこにあと数十年もいるのかよ…」

と絶望的な気分になるだけだった。

あと前述の通り、社長は4回も転職した過去があるんで説得力ねーなーとw

まぁ4回も転職したからこそ、そんな面倒なことしなくてもいいようにって願いもあるかもしれないけど。知らん。

「ん、もう帰るのか?」

カカオ
(はい帰るんです。帰るったら帰るんです)

帰れた試しがなかったけどね!!

飲み9割、仕事1割ぐらいの確立で終電コースだったなぁ(遠い目)

あのアルコール漬けな日々をよく生き抜いてたね僕は。

絶対寿命縮めてる…。

まとめ

上司の発言というか、何なら近付かれるだけでテンション落ちてましたね。

視界に入ったら外すまであった。

ただそんな会社でも何やら楽しく生きている人もいたんで、やはり相性ってあると思う。

僕は辛いだけだったけどね!

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)