大学受験が近づいて不安感で集中できないときの考え方

SPONSORED LINK

カカオ
どうもお疲れ様です。
カカオ(@kudoshin06s)です。

大学受験を控えている方は、11月ともなると不安を感じているのではないでしょうか。

もしも本命に落ちて滑り止めだったら…。

もしも全落ちして浪人してしまったら…。

などなど。
既に浪人している受験生にしてみれば、危機感はさらに上をいく。

そんなふうに不安感でいっぱいになってしまうと、勉強に集中できなくなってしまうことってあるんですよね。

というワケで今回は「受験勉強中に不安で集中できなくなったときの考え方」について書いていきます。

SPONSORED LINK

不安は消せないと思ったほうがいい


いきなり失望させちゃうかもなんですけど、不安感って消せないと思います。

どんなに偏差値の高い人だって念のため滑り止めも受験することから分かるように、誰もが少なからず不安を感じているんです。

それは大学受験に限った話ではなく、恋愛だろうと就活だろうと同じです。

不安は消さないほうがいい

不安消せないんじゃもう無理ゲーやんけ…

とか思わないでください。

むしろ不安って多少は感じてるぐらいが丁度いいと僕は思いますよ。

【理由1】リスク分散を考えるから

もし本当に自信満々なら、第1志望だけ受験してるはず。

でも実際のところそんな受験生はそうそういません(いや中にはいるだろうけど)

もしもの時のために滑り止めの学校も考えます。

それでも不安なら受ける大学のランクを下げたりなども手です。

こんな具合に、リスクを少なくしようとするのは、不安を感じているからです。

リスク分散を考えるのって、冷静さが保ててる証拠だと僕は思いますよ。

【理由2】不安は糧にもなるから

そもそもなんで遊びもせずに頑張って受験勉強に励むのかというと、不安だからなんですよね。

「○○がしたい!」みたいな将来の夢を目標にしてる人もいるでしょう。

でも同時に「受験に落ちないようにしないと…」っていう不安感もまた、受験生を勉強に突き動かしているんです。

それは決して悪いことではありません。

むしろ不安を感じているからこそ勉強できるとも言えます。

【結論】「不安」の扱い方を変える

不安感で集中できないなら、不安の扱い方を変えるしかない。

  • 不安を感じて当たり前
  • 不安によってリスク分散をしようと動ける
  • 不安だから自分は勉強をするんだ
っていう具合に、不安を味方につけよう。

不安によって集中が乱されてしまうのは、「不安」を敵だと認識してるからです。

落ち着いて、今できることからやってみるのが吉。

まとめ

徐々に受験が近付いてくると、不安になるのは仕方ありません。

でも不安だろうがなんだろうがやることは1つ。

受験勉強です。

シンプルでとても分かりやすい。

あとは不安感を味方につけて、受験合格を目指しましょう!

 

カカオ

ちなみに不安の取り扱い方を受験生のうちに覚えておくと、大人になってからも役に立ちますよ。

大人になってからも不安を感じることなんて山ほどありますからw

難関大対策なら、添削指導とオンライン1対1個別指導の【Z会Leadway】


 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Audible (オーディブル) はもう試しました?

AmazonのAudibleに『このすば』や『ゼロ魔』などのラノベが追加されました!

アニメのキャストの朗読で楽しめますよっ!

Audibleは初めての利用なら無料体験もできますのでお気軽にどうぞっ!

聴くだけで最大3000ポイント貰えるキャンペーンも実施中ですよっ!

詳しいサービス内容についてはAudibleのサイトか僕のレビュー記事を参考にどうぞっ!

関連記事:Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!