ダイエットで美味しい食事を維持したいなら「やせる味覚の作り方」を読むといいよっ!

SPONSORED LINK

カカオ
どうもお疲れ様です。
12キロのダイエットに成功したカカオ(@kudoshin06s)です。

ダイエットって食事がキツい、というかつまらない。

そんなイメージが強かったんですけど、「やせる味覚の作り方」を読んでイメージが変わりました。

↑この本。

というワケで感想&僕が思ったことをレビューがてら書いていきまっす。

SPONSORED LINK

そもそも「美味しい」って何だろう


「やせる味覚の作り方」を読んでまず思ったのが、僕らは「美味しい」っていう感じ方が狭かったんだな…ってこと。

コッテリしたラーメンや、しょっぱいポテチなど。

ガツンとした濃い味、うんまいよね…。

あるいは甘いチョコやショートケーキなんかも良い。

ただ美味しさって濃い味や甘さだけでじゃない。

「サッパリした美味さ」もあれば「みずみずしさを感じる美味しさ」だってある。

美味しさは舌だけで感じるものじゃない

この本ではさらに突っ込んで「五感で美味しさを感じる」とあった。

噛んだときの食感や音、匂い、視覚情報など。

例えばキュウリを噛んだときのカリコリという音は、耳心地が良くてなんか気持ち良いですよね。

そういった舌以外から感じられる感覚で美味しさを得て、美味しいと感じる物の幅を広げようってことですな。

ダイエットに優しい食事だって美味しい

いざダイエットに突入すると、おそらく誰もが「肉少な目の野菜多め」に移行するかと思われ。

うん、僕もそんな感じだったw

ただサラダをただモソモソ食べてると

カカオ
なんで俺は草なんぞはんでるんだ…ヤギ?ヤギなの??

とか思うまであって精神衛生上良くない。

けれど前述の「五感で美味しさを感じる」スタイルを導入し、野菜1つ1つの味を確かめるように食べると別の景色が見えてきます。

ちなみに「食レポするように食べる」とのこと。おもしろい。

僕はちょっとアレンジを加えて「孤独のグルメごっこ」を脳内でやりながら食べてみた。

カカオ
(俺の胃袋が、ブロッコリーを欲している…!)

みたいなw

アホみたいなんですけどこれが結構楽しい。

また、単純な味以外の視点から美味しさを見つけられるのもグッド!

一食一食を大切にすれば、ダイエットの食事を楽しめる

ダイエットをしてる時もそうでない時にも言えるんですけど、僕らは食事を大切にしているのだろうか…ってこと。

食の行程のどこかに惰性で済ませている部分があったら、大切にしてないってことだと思う。

例えば

  • ダイエットだから嫌々ながらもサラダ食う。
  • いつも飲んでるからなんとなくビールを飲む。
  • 食事の後はプリンを食べてるから今日も…
などなど。

どれも食べる理由にポジティブさが無いんですよね。

ダイエット中のサラダは五感をフル活用して美味しく食べようぜ!

「いつも飲んでるから」は理由にならないぜ!

プリン?
どうしても食べたいなら1日置きに抜くところから始めよう!(いきなり無理しすぎるのも良くない)

「やせる味覚の作り方」には食材別の解説・レシピも載ってるよ!

目次を読んでみると

  • プチトマト
  • キャベツ
  • 大根
  • きゅうり

なんて具合に、食材1つ1つを可愛いイラスト入りで、レシピや美味しさについて解説してあるのが良かった。

とても参考になります。

サラダに何気なくついてたプチトマトも、次に食べるときは感じ方が変わりますぜ!

まとめ

ダイエット本を読んだはずなのに、食育を受けた気分になりました。

食べ物への向き合い方が徹底していて、方向性がポジティブ!

とにかく美味しく頂くにはどうすればいいのかが書いてあるんで、ダイエット飯にうんざりしている方は是非!

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Audible (オーディブル) はもう試しました?

AmazonのAudibleに『このすば』や『ゼロ魔』などのラノベが追加されました!

アニメのキャストの朗読で楽しめますよっ!

Audibleは初めての利用なら無料体験もできますのでお気軽にどうぞっ!

聴くだけで最大3000ポイント貰えるキャンペーンも実施中ですよっ!

詳しいサービス内容についてはAudibleのサイトか僕のレビュー記事を参考にどうぞっ!

関連記事:Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!