「大学進学って無意味なの?」って思ったら進学しとくといいよ

SPONSORED LINK

カカオ
どうもお疲れ様です。
カカオ(@kudoshin06s)です。

高校三年生や浪人生の中には「大学って行った方がいいのかな…」って迷っている方もいるかと思います。

「大学は無意味」と言っている方々もいますし、気になるところですよね。

というワケでこの記事では、大学進学したほうがいいのかどうか解説していきます。

結論から言うと、大学進学するかどうか迷ったらならとりあえず進学しといたほうがいいです。

「大学進学って無意味なの?」って思ったら進学しとくといいよ

なぜ大学に進学するかどうかで迷うのか

大学進学に迷っている方っていうのは、おそらく大学に行くことで得られるメリットに気付いているのでは?

そのメリットと、大学進学しなかった場合のメリットを比較して迷っている……

と、僕は踏んでいます。

大学に行かなかった場合のメリットが分からない

ただ大学に行かなかった場合のメリットがイマイチ分かりづらい。

というのも、大学進学を否定している方々は大抵がなんかスゴい方々だからです。成功っぷりが半端ない。

そして自分が彼ら彼女らと同じように成功している姿が想像できないんですよね。僕がそうでした。

迷ったら大学へ行こう

想像できないことについて考え続けるのは難しいことです。また、この件で悩んでいるのは17歳~19歳ぐらいだと思うんですよね。

人生経験的に見ても「社会ってなんぞ?」って感じです。

さらにサンプルは周囲の友達や親、先生、ネット上のインフルエンサーなど。

参考にする対象が狭かったり極端なのも迷う原因かもしれません。

僕が思うに、迷うぐらいなら大学へ進学したほうがいいと思います。

SPONSORED LINK

大学に行っておいたほうが良い理由


  • 考える時間的余裕ができる
  • 現役から離れると受験しにくい
  • もし何も決まらなかったら新卒でシューカツできる
  • 大学を無意味だと言っている方々も大卒が多い

1ずつ解説していきます。

考える時間的余裕ができる

大学は4年間あります。

振り返ればあっという間ですけど、自分の生き方ややりたいこと、生きる指針について考えるには十分な時間的余裕です。

大学に行かなかった場合は、どこにも所属していない自分に焦りを感じて、決断力が鈍る可能性もありますね。

カカオ
ゆっくりと考える時間も、人生には必要だと思ってる派です

現役から離れると受験しにくい

要するに、現役で勉強している高校生のほうが受験にとっつきやすいと思うんです。

勉強しなければいけないことは大いにせよ、頭の中に入っている知識は新鮮で記憶から取り出しやすい。

これが高校卒業後、1年や2年経ってから「やっぱ大学行きたい…」と思って勉強を始めると、現役から離れていたせいで感覚や知識そのものを忘れてしまっている恐れがあります。

カカオ
英語なんかは特に1年離れてるだけで厳しいんじゃないかな…。

もし何も決まらなかったら新卒でシューカツできる

4年かけても特にやりたいことが無かった場合は、普通に新卒として就職活動してしまえばいいんです。

働きながら何かをする、という選択肢だってあります。

働きながら小説を書く。

働きながらブログを書く。

働きながら……。

なんて具合にね。

生活の面で考えても、お金をしっかり稼ぎながらのほうが安心感が違いますよ。

大学を無意味だと言っている方々も大卒が多い

大学を無意味だと言っている方々の意見もごもっともだと思うんです。

僕の大学時代の講義を振り返ってみても、現在の僕にいったい何の役に立ってんのかサッパリなのがめっちゃあります。

ただ大学を無意味だと言っている方々って、大卒が多いんですよね…。

彼らが現在高校生だった場合、果たして大学に進学せずに起業したりするのか。

そんなifの世界、想像できませんよね。

カカオ
前述で「自分が成功しているところが活躍できない」と書いたけど、僕はそれに加えて「大学って無意味だよね」と言っている方々が大学に行っていない世界も想像できないですよなぁ。

【まとめ】大学に進学したら行動量を増やそう

結論は「迷ったら大学に行く」でいいんです。

ただ大学に行ったら行動量を増やしてください。間違っても飲みサーに入ってダラダラ過ごしたりしないで。

確かに大学には無意味なことってあるけど、削れる無意味さだってあります。

大学入学前にやろうかどうか迷ったことはリスト化しておいて、大学に入学したら片っ端からやってみよう!

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)