大学生の睡眠時間が崩れる7つの理由【対策も解説】

SPONSORED LINK

カカオ
どうもお疲れ様です。
学生時代の睡眠時間は7時間だったカカオ(@kudoshin06s)です。

突然ですけど、ちゃんと寝てます?

最近はあまり聞かなくなりましたけど

「昨日は3時間しか寝てないわ~」

などと寝てない自慢してたらマジでヤバいです。

個人的になんですけど、大学生は特に睡眠時間が崩れやすいんで注意したほうがいいと思うんですよね。

睡眠時間をコントロールできなくて悩んでいる学生さんもいるのでは?

というワケでこの記事では、大学生が睡眠時間に注意したほうがいい理由と対策を解説します。

大学生の睡眠時間が崩れる7つの理由

なぜ高校生でも社会人でもなく、大学生なのか。

それは以下の7つの理由からです。

  1. 大学は講義の時間がバラバラ
  2. サークル活動で帰宅時間が遅くなりやすい
  3. バイトの時間も取られる
  4. 一人暮らしをしてると家事をしなければならない
  5. テスト前の一夜漬け
  6. ストレスを感じる機会が増える
  7. 学年が上がると忙しくなっていく(卒論や就活など)

1ずつ解説していきます

1、大学は講義の時間がバラバラ

僕もそうだったんですけど、1限から始まる日もあれば午後からの講義からの曜日もありました。

ここが高校時代までと大きく変わるところで、生活リズムが崩れやすい原因になりやすい。

翌日が午後からだったりすると

明日は午後からだから今日は夜遅くまでゲームでもしてるか

みたいな判断も生まれてきやすい(苦笑

2、サークル活動で帰宅時間が遅くなりやすい

高校までの部活と違い、大学生のサークルは活動時間が遅めなことが多いです。

スポーツ系ならそこまででもないかもですけど、文化系は結構遅くまでやってるとこがあるのでは。

ちなみに僕が所属してた演劇サークルは早くても夜八時過ぎ、九時過ぎになることも普通にありましたね。

帰る頃には十時過ぎてるんで、寝る時間も遅くなりがち。

3、バイトの時間も取られる

大学生になるとバイトを始める方も多いと思います。やっぱりお金は欲しいですもんねぇ。

大学の講義が終わってバイトへ。夕方から夜遅くまで働くっていうのが大学生のパターンだと思われ(僕はそうでした)

しかもシフト制で毎週提出するところだと、スケジュールが一定に保ちにくい。

時間は取られるし生活リズムは崩れやすいわで、なかなか大変。。。

4、一人暮らしをしてると家事をしなければならない

地方から大学のある近くのアパートで一人暮らしをしている大学生の場合は、掃除や洗濯などの家事をする時間も必要になってきます。

食事は最悪簡単に済ませられるとして、掃除や洗濯はいつかしっかりやらねばならない。

こういう地味なところで時間が取られ始めるのも大学生の特徴です。

カカオ
掃除はルンバに任せちゃうのもあり!

5、テスト前の一夜漬け

別に大学生に限った話じゃないけど一応w

でも高校生に比べると、大学生って講義開始の時間が遅かったりするから一夜漬けに走りがちな気がする…。

もちろん勉強しないよりはいいし単位を落としては大変です。

でも一夜漬けしないようにするほうが実は楽だということに気付いたほうがいいっすね(こなみ

6、ストレスを感じる機会が増える

大学生になると自由度が増して行動範囲も広がる分、ストレスに晒される機会も増えます。

ここまで挙げてきた通り、大学の講義やサークル活動、バイト、一人暮らしなど、高校生の頃に比べて一気に新しい活動が増えます(増やさない人もいるかもですがw)

単純に時間が取られるだけでなく、人間関係だって色々大変なこともあるでしょう。

そうしてストレスを感じる機会が増えると、ゆっくり寝る時間はますます必要になる。

が!

やることが多いから睡眠時間が取りにくいという…。

7、学年が上がるにつれて忙しくなっていく(卒論や就活など)

2年、3年と上がっていくにつれて、講義もその学部の基礎的なものから、よりコアなものへと移ってきます。

課題の難易度も上がり、レポートに苦労することも増えてくる。

4年になれば卒論も書かなければいけませんよね。

そして始まる就活。

下調べ、ES、面接対策。企業説明会にもたくさん行くことになるでしょう。

はい、ここでもガッツリ時間が取られていきます。。。

【要約】大学生になると決まった時間に睡眠を確保しにくい


要するに、大学生は講義やバイトなど、活動時間がバラけやすいものに時間を割くことが多くなるので、決まった時間に眠りにくいってことです。

決まった時間に寝られないと、寝付けないことも多い。

しかも忙しいがために睡眠時間そのものも少なくなりがち。

睡眠時間が少ないと集中力は無くなるし、肌荒れになることだってあります。

良いことなんてありません。

睡眠は人間が生きていくうえで必要不可欠。
毎日の作業のクオリティを上げるためにも、しっかり寝ておきたいですね。

SPONSORED LINK

【対策】スケジュールを一定に保つ

無茶を承知で言いますけど、スケジュールを可能な限り一定に保ってください。

同じ時間に起きて、同じ時間に寝る。これが大切なんです。

睡眠の質も一定に保たれて、翌朝はスッキリですよ。

繰り返しになりますけど、無茶は承知です。講義の時間はバラバラですし、バイトをやってたりすると時間も遅くなる。

可能な限りでいいんで、一定になるようにがんばってみてください。

例えば

  • 「火曜日はバイトがあるから寝るのが遅い」
  • 「水曜は真っ直ぐ帰れるから早めに寝られる」

毎週こんな感じなら、これもまた一定と言えます。決まった生活リズムになって体も慣れてくると思いますよ。

また質の良い睡眠や、寝付けやすくするための方法はたくさんあります。

簡単にできるのだとヒーリング音楽を聴くことですね。

睡眠に関する本もたくさん出ているので、1冊は読んでおくことをオススメします。

ちなみに僕が読んだのは以下の本です。

驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100
かんき出版 (2015-08-14)
売り上げランキング: 79,148

「睡眠の質を良くする」っていうと難しそうに思えるけど、簡単な方法がたくさん載っています。すぐに実践できますよ!

ショートスリーパーは試して無理なら諦めよう

世の中には「ショートスリーパー」という睡眠時間4時間とかでも平気な人がいます。

けれど誰でもショートスリーパーになれるワケじゃありません。

その人にあった睡眠時間ってあるんですよね。

4時間で大丈夫な人もいれば、8時間寝ないと無理な人だっている。

自分がショートスリーパーに向いているか試してみるのはありだと思います。

おそらく2日や3日程度ならいけるはず。

でもその間は眠くて集中力は低下するかもしれないし、結局は休みの日に寝溜めすることになるかもしれません。

カカオ
ガチなショートスリーパーは、年中4時間睡眠とかですからね…。僕には無理ゲー…。

まとめ

睡眠時間が少ないと、集中力が低下します。これが1番良くない。

勉強を始め、多くの活動で集中力が必要なのに、それがなくっちゃクオリティは下がるしミスだって出てくるかもしれません。

単純に健康に良くないっていうのもありますけどね(大学生の場合、ノリと勢いと若さで乗り切れてしまうw)

以下の本にも睡眠の重要性が書かれています。興味のある方は是非読んでみてください。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
かんき出版 (2014-12-12)
売り上げランキング: 2,298

↑というか人生において必読レベルで良いです。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Audible (オーディブル) はもう試しました?

AmazonのAudibleに『このすば』や『ゼロ魔』などのラノベが追加されました!

アニメのキャストの朗読で楽しめますよっ!

Audibleは初めての利用なら無料体験もできますのでお気軽にどうぞっ!

詳しいサービス内容についてはAudibleのサイトか僕のレビュー記事を参考にどうぞっ!

関連記事:Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!