『なれる!SE13 徹底指南?新人研修』感想

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

なれる!SE (13) 徹底指南?新人研修 (電撃文庫)

『なれる!SE13 徹底指南?新人研修』を読了したので感想をば。

 

新人は異星人

13巻となった『なれる!SE』。今回は工兵が社会人二年目となり、新人研修の担当となって七転八倒するというお話。まあ、工兵はいつも七転八倒してますが…。

入ってきた新入社員たちがどうにも癖のある面々で、報告書は出さない、報告連絡はしないなどなどで、工兵大苦戦。まあ新人の気持ちも分からなくはないですけどね。

一番印象的だったのが、

異星人と話しているようだ。価値観が異質すぎる。

という部分。
いやぁ気持ちはよく分かりますね。僕も何人かの新人に仕事を教えたことがありましたけど、そんなふうに感じたことありましたもん。

ただこれってブーメランにもなりかねなくて、案外ほかの人から見たら自分自身も異星人扱いされているかもしれません。

僕の親世代が若者だった頃もジェネレーションギャップはあったそうですし、「ゆとり」やら「意識高い系」なんかも、そういうギャップに起因するものかもしれません。

というか僕は自分と同世代の人相手でも異星人級の人物にたくさん心当たりありますよw

価値観なんて人それぞれ、いろんな人がいるねぇ、と肩をすくめ、距離と取ったりスルーしたりと、扱い方を自分なりに決めておくと良いと思いますね。うん。

 

人の中身は履歴書と第一印象では計れない

採用担当が採用して「じゃ、あと任せた」と丸投げされて仕事を教えなきゃならない。今回の工兵がまさにこの状態で、本当にお疲れさまです、と声を大にして言いたい。

採用担当は履歴書やら面接という少ない資料を頼りにして人を採用しているので、なかなかその人の中身までは分からないんですよねぇ。今回のなれるSEだと、茶山と箱崎がまさにそれ。

履歴書と面接だけでは得られなかった情報が工兵を困らせ、そして仕事に役立てることもできたのだから。新人とは根気よく向かい合っていくしかないのかなぁ。

室見さんみたいにブチ切れてはいけない、ということは分かりますがw

なれる!SE13 徹底指南?新人研修 (電撃文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2015-10-17)
売り上げランキング: 9,423

『なれる!SE』の過去レビューはこちら

『なれる!SE12 アーリー?リタイアメント』感想

本レビュー 夏海公司『なれる!SE11』 ネタバレ注意

本レビュー 夏海公司『なれる!SE10 闘う?社員旅行』

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Amazonでお得に買い物する方法

Amazonで買い物なら、Amazonギフト券を現金で5,000円以上チャージするとお得です。

チャージ額から最大2.5パーセントのポイントが付与されます。


(コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象)

初回チャージなら1,000ポイントもらえるキャンペーンも開催されています!(終了日は未定)

カカオ
クレジットカードと電子マネー払いだとポイントもらえないから注意してね!

CHECK!【お得】Amazonギフト券を5 000円以上チャージすると初回1,000ポイント還元される!