短編小説『修学旅行の真髄』

SPONSORED LINK

「いいか、絶対に教師に見つかるじゃないぞ。見つかったら反省文、いやそれ以上の拷問が待っているやもしれん」
「わーってるっての」
表情を険しくして注意してくる幸太郎に、俺はいい加減に頷いて見せた。俺はそんなにトロくねえっての。
修学旅行の夜。
旅館は静まりかえり、カーペット敷きの廊下が長々と続いている。
俺と幸太郎は自分達の部屋から顔を出し、辺りを窺っている。教師の姿は、ないな。
あ?
俺らが何してるかって?
修学旅行の夜とくれば、女子の部屋に突入する以外にやることあんのかよ。ヤロウ同士で恋バナなんかやってもキモいだけだしな。女子なら華やかなんだろうけど。
ちなみに俺と幸太郎以外の面々は、どいつもコイツも眠いとか言って布団の中で熟睡してやがる。
修学旅行の真髄は夜にあるっていうのにな。
「誰もいねえ。行くぞ」
「うむ」
俺を先頭に、そそくさと廊下を進む俺と幸太郎。
廊下は明るく、遮蔽物が何一つない。教師とエンカウントした瞬間にジ・エンドだ。
足音を忍ばせて、女子がいるであろう部屋に接近する。
女子の部屋はもうあと少し。大した距離でもないのに、やけに長く感じる。
十字路に差し掛かり、俺と幸太郎は壁に身を隠して廊下を見やる。十字路の全方向を確認。
よし誰もいねえな。
「っしゃ、行くぜ」
返事がない。
振り向くと誰もいなかった。
幸太郎もいなかった。
「アイツ、どこ行っちまったんだ……!」
背中に冷や汗が流れ落ちる。状況がワケわかんねぇ。
ここはひとまず撤退すべきか?
踵を返して唾棄すべきヤロウまみれの部屋に戻ろうとしたそのとき、肩にポンと手を載せられた。
教師かと思った。
「ヒィ!?」
情けないことこの上ない悲鳴を誰かがあげた。いや、まあ俺なんだけど。
「シッ」
だが俺の肩に手を載せたのは、教師ではなかった。
シッ、というその息遣いは、女子によるものだと俺の鼓膜は判断した。息遣いに色気が感じられた。
「小山?」
俺は声を潜めて訊いた。
「静かにして。大きな声出すと先生に見つかっちゃうよ」
同じクラスの女子、小山優佳が唇に人差し指を当てていた。
「ついてきて」
「ちょっ、え?」
ワケのわからぬまま、俺は小山に腕を引っ張られて女子の部屋に入った。
どういうことなのかわからないが結果オーライだぜ。などと胸中で喝采していたら、女子の部屋には誰の姿もなかった。
「あれ、ほかの女子たちは?」
「……いないよ。私と、君だけ」
小山が伏し目がちに答えた。心なしか頬が朱に染まっているように見えるのは気のせいか?
「どういうことだ……?」
「好きです。付き合ってください」
告白で返された。
「えーと……」
困惑した顔の俺を見て、小山は頬を猿の尻のように真っ赤にした。
「そっ、そうだよね、ワケがわからないよね!」
小山がここまでの経緯を説明する。
全ては幸太郎の計画だったのだ。
小山が俺に告白するために幸太郎に相談したのだそうだ。幸太郎はそれを聞き、今回のプランを練ったという。
まず同部屋の男子たちに寝たフリをさせ、俺を部屋から連れ出す。
小山と同部屋の女子たちはというと、別ルートですでに俺たちの部屋に行っているとのことだった。おそらく今頃は幸太郎も含めた同部屋の男連中は、女子達と楽しく過ごしていることだろう。
「幸太郎くん、良い人だよね」
「まあな」
まあ、利害の一致だとは思うが。
「ったく、幸太郎のヤロウ、何も言わねえでやんの」
まあ、俺が幸太郎の立場だったら、やっぱ何も言わねえけど。
え?
告白の返事をどうしたかって?
それ、訊かなくてもわかるっしょ。

※「2回以上楽しんだ創作物まとめ」はこちら↓
2回以上繰り返して見たアニメまとめ。

2回以上繰り返して読んだラノベまとめ

2回以上繰り返して読んだ一般小説まとめ

※カカオのオススメ本たち
2015年自分的ベスト本ランキング10位~1位

最新刊を追っているラノベまとめ。どれも面白いよ!

ラノベ好きにオススメの一般作10冊まとめ


※カカオのツイッターアカウントです。日常ツイートから後追いゲーマーライフの模様まで色々つぶやいてます。お気軽にフォローしてください。

1 個のコメント

  • こんにちは。
    スペースお借り致します。

    お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
    ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
    イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
    月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
    あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
    東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

    興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
    よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
    ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
    http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

    これからもブログの運営頑張って下さい。
    失礼致しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA