『1Q84 BOOK3 』感想。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

1Q84 BOOK 3

ようやっと1Q84のBOOK3を読み終えました。長かったー。

ラノベ換算だと8冊ぐらいはいってそうな気がするw

とにもかくにも読み応えがあり、村上春樹さんの書く文章が好きな僕としては、ゆったりまったり過ごせる時間を過ごさせてもらいました。

かなりヘビーな描写もありましたけど。

まさかの牛河サイド

冒頭から驚かされましたね。まさか牛河視点があるとは……!

ご存知の方も多いかもしれませんが、この牛河、ねじまき鳥クロニクルにも登場していて、1Q84に登場しただけでも驚きなのに、彼の内面がしっかりと描かれているなんて嬉しい限りです。

ねじまき鳥クロニクルと完全に同一人物かどうかは定かではないですけどね(異様な風体や喋り方から同一だと思うけど)。

牛河サイドが加わることによって、よりミステリーっぽさが物語に漂いましたね。

しかし月が二つであることを牛河が発見するあたりから微妙に雰囲気が変わってきて、そしてタマルによって……。

それにしてもなぜ筆者は牛河サイドを描いたのでしょうか。いえ、なかなか思いつかないことだなーと思って。

物語の全体像を別の角度から見られた効果は絶大だったと思います。青豆は事実上ヒッキーにならざるおえなかったので、アブレッシブに動くキャラを設けるなら牛河は適任だったと思います。

ただそういった実際的な意味合い以外にも何か意味があったのかなとどうしても考えてしまいます。

でもそれが何なのかは僕にはわかりません。

けれど、牛河視点があったことを嬉しく思っていることはたしかです。これだけで十分かもしれませんね。

SPONSORED LINK

全ては青豆と天吾が出会うために

BOOK3はふかえりは影を潜め、終始青豆と天吾のために物語が展開されていったような気がしました。

さらに考えを広げてみると、青豆と天吾を出会わせるためにBOOK1とBOOK2はあったのかなと思わずにはいられませんでした。

さきがけや『空気さなぎ』の大ヒットなど、大きな出来事は全て、青豆と天吾の引き合わせるためだけに用意された手間暇かかった仕掛け、みたいな。

青豆と天吾の再会のシーンは、感動もしましたけど、より自然なものを感じました。出会うべくして出会ったような。

 

結局、リトルピープルとは

謎ですねぇこいつらw

牛河が死体になっても未だ牛河サイドが設けられていて「おぉ?」と首をひねっていたのですが、まさか牛河の口から登場とは。

そしてまた空気さなぎを作っていましたけど、これをどう解釈すればいいのかちょっと僕にはわからない。

物語自体は青豆と天吾が月がひとつの世界へと戻り(あるいはまた別の世界かもしれないけど。タイガーの横顔の反転が気になる)、1Q84を離れることはできたけれど、リトルピープルたちはどうするのだろう。

BOOK2のレビューで書いたかもしれないけど、この作品は青豆と天吾の再会の物語であると同時に、リトルピープル的なモノが世界にはあるという示唆なのかなと考えたり。

人々を異様に組織化させるほどの「声」。

そういうモノが、僕たちが生きるこの実世界にはあるのでしょうか。

まとめ

以上、『1Q84 BOOK3』のレビューでした。
レビューを書いていて思いました。
やはり村上春樹さんは一筋縄ではいかないなと(苦笑)

ここに書かれているレビューはあくまでも僕が感じ取ったことですので、真に受ける必要は全くありません。

かくいう僕も、ストーリーを追っているというより、村上春樹さんの書く文章を楽しんでいるのが常でいたので。

この作家さんに限ったことじゃありませんが、あらゆる作品は人それぞれあらゆる楽しみ方がある。自由がある。

僕はそう思います。

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください