30MSリシェッタのレビュー。抜群の安定感が1番凄いかも…

4 min

【2021年11月4日追記】

カカオ

カカオ

どうもお疲れ様です。
ガール系プラモ大好きなカカオです。

今回は…

30MSリシェッタの箱

30MSのリシェッタをレビューしていきます!

予約段階から凄い人気でしたよね。僕は某通販サイトでどうにか予約できましたが数分後には完売でした…。

追記した内容は目次から飛べます。

スポンサーリンク

【30MS】リシェッタのレビュー

ランナー構成

リシェッタのランナー構成は以下の通りです。

30MSリシェッタのランナー(髪と腕と脚)

やはり髪の毛パーツがあるとガール系って感じがしますな。

30MSリシェッタのランナー(武装部分と肌など)

そして肌色のパーツ!

30MSリシェッタのランナー(関節部)

こちらは関節類など。真っ黒ですね。

30MSリシェッタのランナーに付いたフェイスパーツ

そしてフェイスパーツ。

想像以上にクオリティの高いタンポ印刷です!

立ち姿

30MSリシェッタを素組みして立たせている様子

組むとこんな感じ。

バンダイからはこれまでもガール系のキットは発売されてきましたが、リシェッタはその中でも1番なのでは…

と思うぐらいに良い出来です。

30MSリシェッタの後ろ姿

後ろ姿。

背中と腰に3mm穴があるので、カスタマイズやスタンドを使う際に使えますね。

可動範囲

30MSリシェッタが飛び蹴りしてるポーズ

可動範囲チェックがてらキックのポーズを決めてみました。

関節が動かしにくいこともなく、サクッと好きな動きを再現できて満足です。

30MSリシェッタの笑顔で可愛いポーズ

ガール系なので可愛いポーズもw

笑顔のフェイスパーツも良い感じですね!

30MSリシェッタの腕を曲げて可動範囲のチェック

腕の可動範囲を横から見るとこんな感じ。

ちょっと狭い?と思われるかもしれませんが、ポージングさせていて不便に感じることは今のところありません。

30MSリシェッタの脚を曲げて可動範囲のチェック

脚の可動域もなかなかグッド。

これだけ動けば飛び蹴りのポーズも決まるってもんですw

脚を上げ過ぎると太ももが干渉する様子

ただ太ももを上げ過ぎると上の写真の部分が干渉します。塗装する方は注意したほうが良さそう。

ここまでが「ノーマルモード」で、以下からは説明書によると「アームドモード」となります。

武装状態(アームドモード)

付属のクローなどを装備すると…

アームドモードになった30MSリシェッタ

↑こんな感じに。

腕や脚の拡張性も増して武装状態であることが一目で分かります。

ちなみに太ももとスネの穴が埋まっていますが、説明書見たら本来ならノーマル状態でも埋めてありました(付けるの忘れてたw)

アームドモードになった30MSリシェッタの後ろ姿

アームドモードになると背中に尻尾みたいなのが付きます。

腕にも刃のような武装が装着されてますね。近接特化なのかな?

僕は尻尾をスタンドを付ける穴として使ってますが、折れるかもしれませんのでオススメはしません(やるなら自己責任でお願いします)

アームドモードになった30MSリシェッタが構えている様子

武装状態でポージングすると戦う少女感が出て一層楽しくなりますな。

30MSリシェッタが飛びかかって攻撃してる様子

ポーズに合わせてフェイスパーツを変えるのも楽しい。

スタンドはfigma付属の物を使用してます。使いやすいんですよねぇコレ。

昇竜拳のポーズを取るリシェッタ

しょーりゅーけん!

目次に戻る

30MSを30MMでカスタマイズ

続いては30MSリシェッタを30MMのパーツでカスタマイズしてみました。

やはりコレが1番気になるところですよね。

30MMの武器を持たてみた

ラビオット用オプションウェポン1の剣を2本持つリシェッタ

ラビオット用オプションウェポン1に付属してる剣を持たせてみました。

持ちやすくしっかり保持してくれて、ポロッと落ちることが全くありません。凄い!

オプションパーツセット3の大型ソードを振りかぶるリシェッタ

オプションパーツセット3の大型ソードを持たせてみても余裕です。

特筆すべきはこのバランス感覚!

この大きさの装備でしかもバランスの取りづらいポーズならスタンドは必須…かと思いきや自立してのけました!

カカオ

カカオ

ちなみにイメージとしてはモンハンの大剣装備。溜めてるときのポーズだねw

盛り

モリモリ盛ってこそ30MMっしょ!

というワケで…

30MMのパーツでカスタマイズしたリシェッタ

ガッツリ目に盛ってみました。

でも主な武装は大きめに作ったバックパックで、リシェッタ本体は軽く武装追加した程度です。

30MMのパーツでカスタマイズしたリシェッタの後ろ姿

後ろからみるとこんな感じ。

バックパックをベースにした盛りは、ガール本体に手を加える必要がないためお手軽でオススメ!

ライフルを構えたカスタマイズリシェッタ

このバックパック、結構重いんですけどリシェッタは腰が反ったりすることもなく、ちゃんとポーズを保持できるんですよね。

凄い安定感です。

ちなみにバックパックはポルタノヴァの下半身を中心に置いて色々盛っています。

目次に戻る

30MMとのヘッド交換

リシェッタには30MMのヘッドパーツと交換できるジョイントも付属してます。

スピナティオ忍者仕様に30MSの首ジョイントパーツを付けた様子

首のところに付いてるのがそのジョイント。これを付ければ…

スピナティオ忍者仕様にリシェッタの頭を付けた様子

リシェッタの頭を30MMの胴体に移植できます。

まぁ本音を言うとこれはあまり好みではないですw

リシェッタのボディにスピナティオ忍者仕様の頭と腕と脚を付けた様子

逆に30MMのヘッドパーツを30MSにも移植できますし、腕や脚も簡単に付け替えられます。

腕だけをスピナティオ忍者仕様にして平手をアピールするリシェッタ

平手欲しさにスピナティオの腕に交換してみたり。

カカオ

カカオ

リシェッタって平手が付いてないんだよね…

他のガール系フィギュアとの比較

フィギュアライズスタンダードのアヤメ、FAガールのスティレット、創彩少女庭園のまどかと比較してみた結果がこちら。

まどかとスティレットとリシェッタとアヤメを並べた様子

単体だと分からなかったんですが、リシェッタは1番小柄ですね。差は僅かですが。

フェイスパーツはコトブキヤ製品に分がありますね。表情のクオリティがめっちゃ高い!

カカオ

カカオ

創彩少女庭園のまどかの脚って細いなー

リシェッタとスティレット

でも遊びやすさはリシェッタやアヤメさんのほうが上だと思いました。

遊んでてパーツが取れたりしにくいんですよね。

結論:みんな違ってみんな良い!

目次に戻る

良かった点・微妙だった点

30MSリシェッタの良かった所と微妙だった所を挙げていきます。

微妙
  • 印刷無しの顔パーツが付属してない
  • 瞳デカールが市販されてない
  • 平手が付属してない
良かった
  • 安定感が高くて自立しやすい
  • カスタマイズしやすい
  • クオリティを考えると安い

こんな感じです。

微妙だった点

印刷無しの顔パーツと瞳デカールがあると、表情の自由度が上がってもっと楽しいんですよね。

何より塗装しやすくなります。

僕は以前、FAガールの印刷無しの顔パーツに好きな瞳デカールを貼って仕上げたことがあります。

「自分だけの顔!」って感じがして楽しかったですよ。

まぁ微妙だった点はあくまでも現時点での話。今後改善される可能性も十分にあると思います。

カカオ

カカオ

30MMだって最初は水転写デカールは存在しなかったしね。

良かった点

まずポージングしてて自立させやすい所が凄く良かったです。足腰の関節がしっかりしてます。

大きい剣を持たせても自立し、重めのバックパックを背中に装備させても姿勢はそのまま…凄い。

ちなみに同じバックパックをスピナティオ忍者仕様に付けたら腰が後ろに反りましたw

他社のガール系プラモに比べて安く、それでいてクオリティが高いのもグッド!

何より30MMと合わせて遊ぶことを想定して作られているため、カスタマイズの幅が広い!

【追記】首が折れやすいので注意!

リシェッタの首関節

何やらリシェッタの首が折れやすいとの情報が複数入ってきました…。

1件ならともかく、Twitterでは首が折れてしまったユーザーさんの嘆きが散見されるんですよね。

この追記を書いている時点ではティアーシャとルルチェも発売されているんですけど、僕はティアーシャの首が折れた写真もTwitterで見たことがあります。

首の折れやすさは30MS全般に言えることなのかもしれません…。

カカオ

カカオ

僕は折れやすいことを知ってから、そーっと首を外すようにしてるよ…。何せなかなか手に入らないからなぁ。

まとめ

30MMのパーツでカスタマイズしたリシェッタのアップ

30MMからついにガール系プラモが…!!

っていう感動がとにかく大きいキットでした。

ザックリとですが最後に感想をまとめると

  • 30MM同様にカスタマイズの幅が広く
  • 30MM以上に関節がしっかりしていて遊びやすい
  • でも改善の余地はまだある(平手やタンポ印刷無しの顔が必要)

こんな感じです。

シリーズ最初の1体の割には凄くクオリティ高いと思いました。今後の進化が楽しみです!

目次に戻る

SPONSORED LINK

カテゴリー:
関連記事