『すべてがFになる』第3話感想。西之園さんが警備員のオジサンのマリンバの誘いを満面の笑みで断ったのが残酷w

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER Complete BOX (完全生産限定版) [Blu-ray]

 

『すべてがFになる』第3話を見たので感想をば。

 

☆どうやって部屋に入ったのか…

死体の状態でカートに乗せられた真賀田四季。彼女は少女時代からずっと引きこもっていて、中に誰かが入ることもなかったという。また、入り口は一つだけでしかも監視下にあり、何者かが侵入することもどうやら不可能らしく…。

おぉ、密室トリックや…。

部屋の中に犯人がいるかもってことで真賀田四季の部屋の扉は今現在閉ざしてあるけど、まあ誰もいないでしょう。

焦点となるのはやはり「どうやって監視下にある閉ざされた部屋に入ったのか」ですよねぇ。入り口付近は映像として残されているワケですし。

研究所のシステムが暴走して外部との連絡をできないようシャットアウトしているというのも超重要な手がかり。
が、今のところはワケワカメ。

 

☆誰も疑問にしていないけど、両腕と両脚はどこへ…?

ラストでヘリの中にいた所長が殺されたことで、犯人はすでに研究所内を自由に動ける人間であることが明らかになり、さらにスリリングな状況になりましたなー。
でも僕としては真賀田四季の事件で引っかかっていることがあるんですよ。

 

真賀田四季の両腕と両足はどこにいったのん?

 

普通に考えたら部屋の中にあるってことでいいんでしょうけど。あるいはカートにいっしょに乗せられていたとかね。
そこんとこ気になるんで明らかになってほしいなーと。
あるいは

西之園「そういえば腕と脚ないですよね」

犀川「ハッ!」

なんてやり取りがあったりね。ないかw

どうでもいいけど、西之園さんが警備員のオジサンのマリンバの誘いを満面の笑みで断ったのが残酷だなと思ったw

※『すべてがFになる』の関連記事
『すべてがFになる』第5話感想。オッチャン、よりにもよってなぜそんなゴツいナイフを売ったんですか…。

『すべてがFになる』第4話感想。「見つからない腕と脚」「ミチル」「すべてがFになる」…謎の嵐ですな。

『すべてがFになる』第3話感想。西之園さんが警備員のオジサンのマリンバの誘いを満面の笑みで断ったのが残酷w

『すべてがFになる』第2話感想。西之園さんが某アニメのお嬢様たちに見えた件w

『すべてがFになる』第1話感想。雰囲気作りにおいては今期で1番!

 

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)