『終わりのセラフ』第23話感想。日本帝鬼軍がワタミ級にブラックな件w

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

終わりのセラフ 名古屋決戦編 第2巻(初回限定生産)(一瀬グレン、16歳の破滅ドラマCD付) [Blu-ray]

『終わりのセラフ』第23話を見たので感想をば。

☆日本帝鬼軍がワタミ級にブラックな件w

終わりのセラフ やわらかクリアストラップL 柊深夜
どうにか空港に着いたシノアたちだったけれど、空港には迎えのヘリはおろか誰もいない…。指令書があったので開いてみればまさかの「待機」
吸血鬼が迫ってるのに大気どーすんのん!?とブチ切れる鳴海。そりゃ切れますよなぁ。

とかなんとかやってるうちに日本帝鬼軍の輸送ヘリが到着!おぉ、助かったのか!と思ったけれど、現れたのは柊暮人。
今回のウンコ作戦の立案者である張本人の登場で再びブチ切れる鳴海。鳴海さん、今日は切れ切れですな…。

切れ切れの鳴海に対し、暮人は謎のコンテナ兵器で鳴海とその他大勢を攻撃…瞬殺してしまう。あれだけ苦労して戦った末にこれですかい。
暮人のサイコパスっぷりが半端ではないですな。どこの世界のワタミだよw

 

☆全員集合からの大合戦へ

終わりのセラフ やわらかクリアストラップL 百夜ミカエラ
危ういシノアちゃんを守った優。うん、よくやったわい。
ナチュラルにミカが人間に合流してるのがちょっと不思議だったけど細かいことは気にしないぞw

優と暮人によるバトルでも始まるのかと思いきや、グレンが誘導した吸血鬼たちが空港に到着。
人間側と吸血鬼たちによる大合戦へ突入する。ここスゴい迫力でしたなぁ。このアニメに限らず少人数によるバトルばかり見ていたので新鮮でもあったね。

吸血鬼の群を切り抜けた優に待っていたのは「もう一つの人格」のグレンだった。刀を振り下ろすグレン。
どこまでブラックなんだ日本帝鬼軍。ワタミと良い勝負ですなw

※『終わりのセラフ』の関連記事はこちら↓
『終わりのセラフ』第22話感想。新キャラかと思ったら君月の妹だった…!

『終わりのセラフ』第21話感想。お、鬼より厄介な天使とはいったい…

『終わりのセラフ』第20話感想。クローリー級の敵ってまだいっぱいいるんですよね(白目)

『終わりのセラフ』第19話感想。クローリーに勝てる気がしねぇ…

『終わりのセラフ』第18話感想。まさかシノアちゃんも口ん中に毒薬を…今すぐ取り除くんだミカ!

『終わりのセラフ』第17話感想。あ、あれ?優たちが思いのほか早く鳴海隊に認められてるぞ?

『終わりのセラフ』第16話感想。シノアちゃんを懲らしめる回…だと?

『終わりのセラフ』第15話感想。焦げてても燃えててもいいんでそのオムレツ僕にくださいw

『終わりのセラフ』第14話感想。鬼の具現化がハイリスクハイリターンな件

『終わりのセラフ』第13話感想。おかえりシノアちゃん!

『終わりのセラフ』第1~7話感想。シノアちゃんがいれば僕は幸せです!

 

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Audible (オーディブル) はもう試しました?

AmazonのAudibleに『このすば』や『ゼロ魔』などのラノベが追加されました!

アニメのキャストの朗読で楽しめますよっ!

Audibleは初めての利用なら無料体験もできますのでお気軽にどうぞっ!

聴くだけで最大3000ポイント貰えるキャンペーンも実施中ですよっ!

詳しいサービス内容についてはAudibleのサイトか僕のレビュー記事を参考にどうぞっ!

関連記事:Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!