デスク環境を改善したら肩こり腰痛が改善したぞっ!

SPONSORED LINK

(2018年4月5日更新)

肩こり腰痛に勝利したぜ。

 

経緯

半年くらい前から肩こりと腰痛に悩まされてました。

とりわけ腰痛がきつくて、首筋から腰にかけてが疲れて鈍い痛みがががが…。

原因が小説のデスク環境であることは明らかでした。

腰痛が始まる以前は机の上にノートPCで執筆していたんですけど、ノートがお釈迦になったのでデスクPCに切り替えました。

そのデスクPCのキーボードがどうにもタイピングしずらい位置にあったんですよねぇ。

P_20151203_164746_R
こんな感じでした。

タイピングする際には腕から肘にかけてを宙に浮かせた状態を維持しなければならなかったんです。

それが肩から腰への負荷になり、肩こり腰痛に繋がったワケですな。

SPONSORED LINK

デスク環境改善へ(キーボード移設編)

タイガーバームがよく効いてくれてたんですけど、いつまでもタイガーちゃん塗ってばかりもいられねぇ、と思いデスク環境を変えることした僕。

まず最初に行ったのがキーボードの位置の変更です。

僕のPCデスクにはキーボードを置く専用のスペースがあったんですけど、そもそもこれが諸悪の根元w

なので、キーボードを机上へと移設することにしたのです。

 

P_20151203_164933_R
こんな感じにしました。

これで随分と楽になりましたね。余計な力を入れずに作業に臨めました。

ただ、まだ腕の大半を宙に浮かせなければならず、肩や腰への負荷は残っていた。

デスク環境改善へ(デスクボード導入編)

どうにかならないかと考えた末、デスクボードを導入することにした。

 

P_20151206_091122_R
こうすることで、ディスプレイ下にキーボードを置くスペースを確保、そこにキーボードを収納する。

タイピングする際にはほんの少しだけキーボードを引っ張り出せばそれでオーケー。

腕を机に乗せるスペースも十分に確保した状態でタイピングすることができるようになりました。

それからもう一ヶ月が経った。

僕の肩こり腰痛は随分と改善されましたよっ!

なんたってタイガーバーム使わずにいられるようになりましたからね(ちなみにタイガーバームは生産されなくなって強制的に使えない状況になった…)

まとめ

ポイントは腕を机の上に乗せる、です。

腕への負荷を減らせば、肩や腰への負荷も大幅に減ります。

ソースは今の僕。

今も腰痛なんぞ感じずにカタカタと文字打ってますよん。

小説執筆を始め、キーボードで文字をタイプする機会が多い人は、肩こりや腰痛に悩まされている人も多いのでは?

以前の僕のようにタイガーバーム塗って誤魔化し誤魔化しやり過ごすのもいいですけど、いっそのことデスク環境改善してしまうのも手ですよ。

だってほら、タイガーバームとか塗るの面倒でしょ?

テキストを扱う人は、デスク環境を整えることも大切ですよん。


※カカオのツイッターアカウントです。日常ツイートから後追いゲーマーライフの模様まで色々つぶやいてます。お気軽にフォローしてください。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)