『亜人』第1話感想。亜人発覚してからの怒濤のスピード展開がイイね!

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

亜人 一 (初回生産限定版) [Blu-ray]

『亜人』第1話を見たので感想をば。

 

☆亜人発覚してからの怒濤のスピード展開がイイね!

原作未読ながらも「不死身」の人間が登場する作品っていうのは風の噂で知っていた僕です。
ちょっと今期も見ているアニメの本数が多いんで見るか迷ったんですが、見てよかった。
序盤で亜人の驚異の生命力を印象づけ、中盤までは単調な日常パート、そして主人公の亜人発覚後からの怒濤のスピード展開。
圭の逃走劇はスリリングで最高したよ。
展開の緩急の付け方が上手いなぁと思いました。
日常パートって言っても今後の展開に必要な布石みたいなもんなので、全く退屈しませんでしたし。うん。

 

☆まだ何がなんだか分からないけれど

亜人 デカンバッチ
全国に指名手配された主人公、永井圭。
彼の逃走を助ける海斗。
警察より権限がありそうな機関っぽい男の存在。
まだ分からないことだらけの一話ですけど、往々にして一話目ってそんな感じです。
その不利な状況の中で見ている人を引きつけなければいけないワケなので、一話目の担う責任とその難易度って本当にヘビーです。

でも亜人第1話は1話目の成功例だと思いますな。
逃走劇に移ってからは勢いで全てをぶっちぎっていく感じながらも、その中で気になる存在、布石をちりばめて。いやぁアッパレです。

来週も見ますぜい。

※カカオのオススメ本たち
2015年自分的ベスト本ランキング10位~1位

最新刊を追っているラノベまとめ。どれも面白いよ!

ラノベ好きにオススメの一般作10冊まとめ


※カカオのツイッターアカウントです。日常ツイートから後追いゲーマーライフの模様まで色々つぶやいてます。お気軽にフォローしてください。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)