本レビュー 支倉凍砂『マグダラで眠れ』 ネタバレ注意

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

マグダラで眠れ (電撃文庫)

支倉凍砂さんの『マグダラで眠れ』を読了したのでレビューしたいと思います。

今回は錬金術師

『狼と香辛料』シリーズでは商人が主人公でしたけど、今回は錬金術師が主人公です。商人と比べるとアンダーグラウンド指数が上昇しています。

けれど作風は支倉凍砂さんらしい落ち着いた文体の中で物語が展開してますね。

派手派手しい展開はないので、激しいバトルやらラブコメを求めている人には合わないでしょうけど、落ち着いた物語を欲している方にはうってつけ。

 

そして今回も……

まさかフェネシスに獣耳があったとは……。ホロに続き今回もか、と思ったのが正直な感想ですね(苦笑)

文体や物語全体から感じられる雰囲気もどことなく前作と似通っているので、もっと違う雰囲気というかジャンルの作品を単発で書いて欲しいです。

ただ、ホロとフェネシスでは性格がまるで違うので、必然的に主人公との絡み具合やら関係性も違っています。

 

まとめ

事件の真相などはそこまで驚くような内容ではありませんでした。どちらかというと雰囲気を楽しむ作品だと僕は思いましたね。

特にクースラがフェネシスに作業を手伝わせ、フェネシスを感動させるシーンなどはとてもよかったです。

マグダラで眠れ (電撃文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2015-11-21)
売り上げランキング: 50,235

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA