池袋が舞台の青春モノと思ってたが…。本レビュー 成田良悟『デュラララ!!』(ネタバレ注意)

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

デュラララ!! (電撃文庫)

随分前に地元の古本屋の閉店セールの際に買ってそのまま積んでしまっていた『デュラララ!!』をようやっと読了したので、今日はそのレビューをば。

デュラララ!!、タイトルと池袋が舞台だということだけは知っていたんです。インパクトのある名前ですし、アニメにもなってますし。

けれどどういうわけだかスルーしてました。

そして読んだ結果、スルーしていたことを後悔したw

この作品、すんごい面白い!

 

青春モノ、ではあったが……

読む以前は『池袋が舞台の青春モノだろうなぁ』などと勝手に思っていたわけなんですが、当たっているようで当たっていなかったです。
たしかに池袋が舞台ですし登場人物たちは青春してますが、僕が考えていた青春モノとは良い意味でかけ離れていた。
もっとこう、闘争有りのコメディタッチで笑い有り涙有りな熱い話だと想像してましたw
まさかファンタジー要素入ってるとは……。
早々に首無しライダーが登場したときは『おぉ!?』と驚愕しましたw

一筋縄ではいかないキャラクターたち

キャラクター達それぞれが個性的で一筋縄ではいかない感じがしました。
帝人にしても『冒険に憧れているけど大人しい』という性格なのかと思いきや、実はダラーズを作ってしまっていたり。
誠二も、冒頭では冷めている性格破綻者だと思っていたのですが、愛に熱く生きる性格破綻者だったりw
ほかのキャラにしても想像の斜め上を行ってますな。
電撃文庫の作品を何作も買って、その内容にちなんだ拷問に処す二人組みには戦慄しましたね……。
チンピラが1番わかりやすくて素直な性格だと思えてしまうw

 

どんでん返しの連続

帝人がダラーズを作ったという時点で僕としては『マジか!』と手に汗握るどんでん返し展開だったのですが、まさか首有りのセルティが張間美香だったとは……!
人攫いだの人体実験だのと、どう考えてもセルティの首が他人の胴体(張間美香)にドッキングされたとしか思われない描写の仕方だったので、まんまと騙されてしまいました。まさに作者の手のひらの上で転がされている読者でしたなぁ僕w
成田先生、尊敬します。

 

まとめ

西尾維新が好きな方は、かなり面白く読めるのではないかなと思いました。
かくいう僕も西尾維新のファンで、この作品を読んでいてどこか通じる部分を感じました。
デュラララ!!はまだまだたくさんの巻数が出ているようなので、これから続きを買ってどんどん読んでいこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA