『VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた5』感想

3 min

※ネタバレ注意

カカオ

カカオ

どうもお疲れ様、カカオです。

今回は…

VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた5巻

VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた5』を読了したので感想をば。

『VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた5』感想

あらすじ

三期生1周年記念に向けて、淡雪たちは企画を立て準備を進めていた。

だが光が歌のレッスンを頑張り過ぎてしまい喉が枯れてしまった。まともに声を出せる状態ではない。

何事にも一生懸命な光ではあるが、なぜそこまで頑張ってしまうのか…

感想(ネタバレ極薄)

以下は読了後の僕のツイートです。

陽キャで頑張り屋な光ちゃんがどうしてそこまで一生懸命になるのか、その理由が切実で考えさせられましたねぇ。

ただこの作品らしく、しっかりとオチを付けて笑える状態に持っていくところはさすがでした。

5巻は主に光ちゃんにスポットが当たってはいますが、それ以外のキャラたちにも新たな関係に発展していて面白かったです。

個人的にはエーライちゃんがどんどん良い味出してる気がしてたまらんかったですなぁw

カカオ

カカオ

以下はネタバレ盛りだくさんな読んだ人向きの内容なので、まだ読んでない人は撤退しよう!

僕が面白いと思ったところや気に入ったところをピックアップしていきます。

スポンサーリンク

ぶいでん5巻の良かったところ

僕が『ぶいでん5巻』を読んで特に面白いと感じたのは以下の3つです。

  • エーライ組長
  • キャラを増やさず組み合わせで新展開を作ってた
  • 光ちゃんを諭す淡雪

1つずつ解説していきます!

エーライ組長

3巻で新たに組長キャラが追加されたエーライちゃんが、5巻でもド派手なヤ〇ザ的ムーブをかましてくれました。めっちゃ笑ったw

人狼ゲーム「Among Us」っぽいゲームでの中で、まさか仲間の敵討ちとばかりに堂々とキルムーブに走るとは驚きです。

カカオ

カカオ

流行りのゲームっぽい企画を入れてくるところも、この作品の魅力だよね。

キャラを増やさず組み合わせで新展開を作ってた

このシリーズ、かなりキャラ数が増えてきたんで正直言って…

「また一気にキャラが増えるとちょっと把握が難しくなるかもなぁ」

と僕は思ってたんですよね。

でも5巻では既存のキャラをペアにした新展開を見せてくれてグッド!

例えば今回だと

  • ちゃみとエーライ
  • 淡雪と光

4巻ではシオンと聖のカップル化もありましたよね。

こんな感じに各キャラのことを深く掘り下げてくれると印象が強くなるので、今後キャラが増えても

「あれ、この子ってどんなキャラだっけ…?」

なんてことにはなりにくいと思われ。

光ちゃんを諭す淡雪

ファンに忘れられることを恐れて過密スケジュールをこなしていた光ちゃんがグッときましたねぇ。

同接数やチャンネル登録者数の増え方も微妙になって、自分の頑張りが足りないとさらに頑張っちゃうから休む暇が…。

人気商売の辛いところですね。

そんな光ちゃんにファンを信じて休もうと説得した淡雪にアッパレ!ストゼロだけの女じゃなかったw

ファンをどれだけ信用できるかで、心に余裕が生まれるかなと僕は思いました。

Vではないんですけど今年の夏あたりに某有名ストリーマーが2ヶ月くらいの休みを取ったんですよね。

けど2ヶ月ぶりにその人が配信したとき、視聴者はしっかりと戻ってきました。

まぁその人がファンを信じてるかどうかは分かりませんが、長期休暇後の配信って盛り上がるんで、忘れられることを恐れず休めばいいかなと。

微妙だったところ

際立って微妙だったところはなかったんですが、下ネタ以外の笑いがもう少し欲しいかなと…。

例えば今回の光ちゃんのオチにしても面白かったんですが、ファンの信頼云々の話で良い話感が演出された後なので好みは別れそう。

あ、僕は大好きですがw

まぁエーライ組長がかなり頑張ってくれているので、今後も期待したいですねw

ぶいでん5巻の感想|まとめ

この記事では『VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた5』の感想を書いてきました。

光ちゃんが良い子過ぎて感動したんですが、しっかりと笑いを取るオチを付けてきてこの作品らしさが出ていましたね。

次の6巻では今回チラッと触れられていた大御所Vが登場するっぽいですな。

しかも引退をするとか…かなり気になる内容。楽しみ!

各巻の感想

\\月額760円(税抜)~「角川文庫・ラノベ読み放題」//

関連記事