第9回カカオのフォールアウト4生活。ついにヤツを見つけた…!!

SPONSORED LINK

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。

ちょっと久しぶりになりましたがフォールアウト4の続きです。
と言ってもあくまでも記事にするのが久しぶりなだけでプレイはしょっちゅうしてるんですけどねw

本筋のストーリー以外のクエストをやってました。でもここらで息子探しに戻ります。

ええ加減あのツルピカ男をやっつけねば。

SPONSORED LINK

ツルピカ男の手がかり

前回のラストで探偵ニックを助けたその後です。


ニックの事務所で色々と話していくうちに「ゲロッグ」という男の名前が浮上。何者?


一緒にいる10歳の少年…。もしや息子のショーンは既に成長しているのでは…。

その後、ダイヤモンドシティにあるケロッグが住んでいた家に入った。入るにあたって市長に鍵をもらったりと色々と手間がw

鍵くれちゃう市長ってどーなんだw


ケロッグの家は誰もいなかったものの、机の下にギミックが…。


なんか壁が開いたぞーーー!!

この部屋でケロッグの匂いがついたモノを見つけ、それをドッグミートに嗅がせて彼を見付けよう作戦が始まる。

カカオ
でもドッグミートってどこいたっけ。途中でサヨナラしてどっかの居住地にやったけど覚えてない…


と思ったらいきなり召還されてビビりましたw
どっから出てきたんだオマエは。

探す手間が省けて一安心。匂いをかがせていざドックミートについていく旅が始まったのです。

ドッグミートにひたすらついていく。


カカオ
お、そこにいるのか?

と思って緊張したけどケロッグはいませんでした。


カカオ
お!そこがケロッグの隠れ家かっ!
いかにもな場所だなーオイ!

と思って臨戦態勢に入ったもののケロッグはいませんでした。

カカオ

お!

ってそいつはデスクローだよ!!

 

ドッグミートについていく旅がヘビーなんですけどw

ちなみにデスクローは初見の頃に比べて少しは楽に倒せました。パワーアーマーをつけてなかったんで「あ、俺終わったな…」と覚悟したんですがw

結構強くなったんですなぁオイラ。

そしてついに…


どうやらここにいるっぽいですっ!

ちなみに入口は屋上にあって、入るにあたってマシンガンタレットどもとバトルしました。初めて見たときはめっちゃ焦ったモノだけど、遮蔽物がしっかりあれば楽ですな。

初めて人造人間に遭遇した…


楽ですな、などと書いといてなんですけど、その後すぐに楽じゃない展開に…。

ヘーゲン砦に入ってみると初めて人造人間に遭遇。

まず人造人間は人型なのでレイダーと戦っているときとあまり気分は変わらなかったんですけど、彼らが手にしているレーザー兵器がきつかったですなぁ。

僕が装備している防具がショボいという可能性が多大にありますがw


可能な限りニックに任せるスタイルw

ちなみに進むたびにケロッグらしき者の声が聞こえて不気味でしたねぇ。


ヌカランチャー取ったどー!これまで取ったどの武器より強そう!!
でも重そうw

やーっと見つけたぞ…!


何度も人造人間たちと戦ってしばらく…ついに…。


ケロッグ見つけたー!
やっぱいつぞやショーンをさらっていった男だったー!!
このハゲ~!!(豊田議員っぽく)

そんなこんなでケロッグを見つけたものの、ショーンはいない模様。

あと会話がどうにも噛み合わない感が…。インスティチュートの部分がどうにも「?」です。

インスティチュートが場所なのか、人物なのか、それすらもハッキリしませんでした。

「インスティチュートは見つからない。インスティチュートが見つけるんだ」

とケロッグは言ってました。なんだこの謎すぎる言い回しは…。
こうも言ってました。

「すごく近いのにすごく遠い」

↑これがショーンとのこと。え、僕の身近にいるってコト?

謎だらけなんですけど分かったのは以下3つ。

  • ショーンはある程度成長してとりあえず生きている。
  • ショーンは「影で糸を引いていたヤツら」と一緒らしい。
  • ショーンはインスティチュートと深く関係している。
ケロッグの言う「影で糸を引いていたヤツら」が1番気になりますなぁ。誰だいったい。

まぁ、話はここまで。いざ…


いくぜ!!

戦闘開始と同時にショットガンをケロッグの顔面にブッ放し、すぐに後退して火炎瓶を放り投げた!

カカオ
ぬはははは!!オマエなんぞ敵じゃあないぜ!!!

が…


ケロッグを護衛していた人造人間どもに押されて後退。ケロッグも体力を回復させて攻めてきた。なんてこった!

ニックを盾にしつつちまちまと射撃する時間がしばらく続くw

そしてようやっと倒しました。
ケロッグがステルス化するもんだから苦戦しましたわ…。


その後、ショーン関係の資料を発見する。
インスティチュートに連れ戻され…だと…?


手がかりがなくなってお手上げになり、パイパーに頼るコトになりました。

パイパーって確か初めてダイヤモンドシティに行った時に締め出されてたメディア関係者でしたっけ。

パイパー合流


ダイヤモンドシティに戻ってパイパーと話をつけました。

なにやらケロッグの脳みその中を見るとかなんとか…そんな芸当が可能なアマリという人物に会いに行くコトに。

なるほど、ケロッグの記憶を探ってショーンの手がかりを得ようってワケですな。

今回はここまでです。
ここまで読んで下さった方々、ありがとうございます。長かったでしょ?
僕も長いと思いますw

The Art of Fallout 4

The Art of Fallout 4

posted with amazlet at 17.08.18
Dark Horse Books (2015-12-08)