『妹さえいればいい。4』感想。頭にアレを付けたブッ飛んだ新キャラ登場…!

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

妹さえいればいい。4 (ガガガ文庫)

どうも、カカオです。
『妹さえいればいい。4』を読了したので感想をば。

SPONSORED LINK

 

あらすじ

『妹のすべて』のアニメ化が決定し、さらにはコミック化も決まり絶好調の羽島伊月。しかし満場一致でコミカライズ担当に選ばれたマンガ家・三国山蚕にはとんでもない秘密があり、それはぷりけつや可児那由多、そして何故か普通の女子大生の白川京まで巻き込んだ珍騒動へと発展していくのだった。果たして伊月は、初めてのメディアミックスという荒波を無事に乗り越えることができるのか! そして伊月と那由多との関係にもついに変化が……!?

冒頭の伊月の妹小説からしてかなりヤバいブッ飛び方してましたw
もはやSF。
あるいは村○春○にありそうな不思議展開というか…。

あとお酒描写は相変わらず丹念に描かれていました。これはもう作家さんのリアルそのものなんでしょうな、きっと。

 

コミカライズも大変なのね…

今回の目玉は伊月の小説のコミカライズ。

コミカライズを担当する漫画家さんを決定する段階からああでもないこうでもないと悩み、決まってからも大変そうだなと。

って、決まってからの波乱は漫画家の蚕が変態すぎたってだけの話か。

そして伊月もまた同レベルの変態で、変態同士が衝突したからより大変になるという…。

一番大変なのは編集者っていうのが僕の結論w

その新キャラで漫画家の蚕が、パンツを器用に折り畳んでリボンに見せかけて頭に装着しているというブッ飛んだキャラだったことが発覚したときにはもうどうしようかと思いましたw

彼女はとにかく下着を描きたいがためにマンガを描いているような人間だという…。

全裸主義の伊月と下着主義の蚕の衝突、そこにぷりけつまで加わる混戦模様はカオスで爆笑必至ですので、読んでない方は是非w

 

アニメ化も(以下略)

伊月の作品のアニメ化も今後かなり波乱に満ちたものになりそう。

というのも、ほかの作品のアニメ化の話がダメになった後釜として伊月の作品が選ばれたという。

予算やらキャストやらも、伊月の作品ではなくダメになった作品を想定していたとかで、伊月の思うようにはほとんどいかない可能性も…と。

なんてこったい。

あくまでもこれはフィクションですけど、実際にあった例がきっとあるんでないかなと…。俺いもでもアニメ化云々のエピソードでいろいろ大変でしたよね…。

 

まとめ

相変わらずのブッ飛び具合でしたけど、ラノベ業界やメディアミックスにまつわる苦労話なんかも体感できて、イイ具合に心が鍛えられる作品でしたw

巻末のオマケ短編でもラノベ業界の厳しさがボードゲームを通してキャラたちが体感しているという徹底ぶり。

ワナビでまだ読んでないのなら、読んでみてはどうでしょ。

変態指数がかなり高いのが注意点ですかね…。

妹さえいればいい。4 (ガガガ文庫)
小学館 (2016-03-25)
売り上げランキング: 10,647

『妹さえいればいい。』関連の記事はこちら

『妹さえいればいい。8』感想。千尋の動向が色々な意味で気になった巻でした。

『妹さえいればいい。7』感想。アニメ化に備え1巻から読み直したいかも…。

『妹さえいればいい。6』感想。伊月、那由多、京、春斗の関係がスゴいコトになっとる…!

『妹さえいればいい。5』感想。サブタイトルをつけるなら「京物語」ですな。

『妹さえいればいい。3』感想。伊月の願望が真っ直ぐな少年のようでグッドでした。

『妹さえいればいい。2』感想

『妹さえいればいい。1』感想