ネーミング辞典のあまりの便利さに脱帽……。

SPONSORED LINK

どうも、カカオ(@kudoshin06s)です。

ネーミング辞書を買ってみたら最高だったのでご紹介します。

ネーミング苦手なくせにネーミング辞書を無視していた件について。

ネーミング辞典の存在自体は知ってはいたのですが、あまり興味を持っていませんでした。ぶっちゃけいらないとすら思って無視してましたw

カカオ
ネーミング苦手なくせにね(苦笑)

現代モノならまだどうにかなりますけど、異能やファンタジー要素織り交ぜたり、あるいはファンタジー世界を舞台にした日にはネーミングでえらい悩みます。

これまで僕は乏しい英語知識を頼りに英和、和英辞書引いたりして頑張ってたんですけど、このやり方に限界を感じてネーミング辞典を購入したのです。

SPONSORED LINK

今まで買っていなかったコトを後悔した…。

はい、脱帽しました。

 

べ、便利……!!

 

まずこれまでの僕の方法だと英語以外の言語変換が不可能だったので、どうしてもネーミングの幅が狭くなりがち。
ところがネーミング辞典だと数ヶ国語がどっちゃりと、しかも数万語載っているから幅は広い。選択肢が多すぎて逆に困るほど。

『はたらく魔王さま!』の場合

たとえば『はたらく魔王さま!』のエンテ・イスラの『イスラ』は、スペイン語で『島』という意味(ただ作者さんがスペイン語のイスラからエンテ・イスラと付けたかはわかりませんが)。

こんな具合に、ネーミング辞典があれば島という単語ひとつ取ってみても複数の言語から気に入ったのを選べます。

八ヶ国語(+巻末付録で三ヶ国語)

ちなみに僕が購入したネーミング辞典は八ヶ国語(+巻末付録で三ヶ国語)で約23500語載っているそうです。
こんな感じに↓
クリエーターのためのネーミング辞典 (一般向辞典)
クリエーターのためのネーミング辞典 (一般向辞典)

ファンタジー小説からSFまで、小説の執筆にかなり助力となるネーミング辞典ですが、多くの辞典が発売されているので迷うかと思います。

可能なら購入前に中身を見たほうがイイ

僕はAmazonのレビューを読みながらネットで買ってしまいましたが、可能ならば店頭で実際に手にとって読んだほうがいいかと。

その際にはただ読むのではなく、索引で目的の単語を引いてみたり、単語をどのようなジャンルで分けているかなど、自分の使いやすい形であるかを意識してチェックするのがベストです。

中には和風の幻想世界やミリタリーなどに特化したネーミング辞典などもあるようなので、自分がこれから書く作品に合わせて選ぶのもありですね。

【まとめ】

カカオ
僕のようにネーミングに悩んでいるならオススメだね!
サクッと世界観が広がる感じがたまらんですぜい。
クリエーターのためのネーミング辞典 (一般向辞典)
学研マーケティング
売り上げランキング: 72,254

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA