『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか10』感想。ベルがシンプルな結論に達したことは嬉しい。

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

カカオ
どうもお疲れ様です。
リュー推しのカカオ(@kudoshin06s)です。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか10』を読了したので感想をば。

全巻の内容をサクッとチェックしたい方は以下の記事をどうぞ!

CHECK!『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』原作全巻の内容まとめ

あらすじ

理知を備えるモンスター『異端児(ゼノス)』との邂逅も束の間、ベルはウィーネと引き離されてしまう。
懊悩の日々に埋もれるベルだったが、ウィーネにも魔の手が迫ろうとしていた。そして、

「武装したモンスターの大移動を確認! ギルドは討伐任務を発令します!!」
暴走する『異端児(ゼノス)』によって賽は投げられた。
引き鉄となったのは暴悪な狩猟者(ハンター)達、代償は都市の全派閥を巻き込む動乱。
激動のオラリオで少年は決断を迫られる。

かなり重い内容でしたねぇ。
Amazonのレビューも辛口が多めでした。

ダンまちにしてはかなりヘビーだったかなと。
僕は重い展開好きなんで全然オーケーですが。

カカオ
以下はネタバレ盛りだくさんな読んだ人向きの内容なので、まだ読んでない人は撤退しよう!

僕が面白いと思ったところや気に入ったところをピックアップしていきます。

SPONSORED LINK

ベルがシンプルな結論に達したことは嬉しい。

ゼノスと人間との間で揺れたベルが、

 

困っているという理由さえあれば誰であろうと助けるに値する

 

と自分なりの答を見つけたことが10巻で一番嬉しかったポイントです。

とてもシンプルだけど、人間とモンスターの背景を考えると出せない答ですよなぁ。

こういうところに、ベルの主人公らしさが窺えてイイですね。うん。

ただ、彼の気持ちが今のところゼノスとヘスティアファミリアにしか伝わっていないと思われ…。

けれどこれは11巻での展開に期待。

終盤のヘルメスの台詞じゃないけど、ベルの物語は望んだものとは違う方へ転がってる気がするから。

キャラの強さのバランスを取るのが難しい

10巻で厳しいなぁと思ったのが、ベルたちダンまち本筋のパーティーと、ソードオラトリアのパーティーことロキファミリアとの戦力差ですよなぁ。

アイズたちがワーっと出てきた途端に、まるでソードオラトリアを読んでいるかのような気分になっちゃいました(苦笑)

いや確かに熱い展開でしたよ。

ティオネがブチ切れてラッシュぶつけ合うところなんか大好きです。

が、

ベルはおろか、ヴェルフたちが完全に蚊帳の外だったんですよなぁ。

何せレベル2とかだし。リリは未だ1。

途方もなく強いキャラを登場させてしまうと生じる弊害ですよね…。

ドラゴンボールで、クリリンやヤムチャがてんで戦力外になってるようなもんです。

まぁ出番がないワケじゃないけれど、やはり戦ってなんぼの世界。

どうすればイイんでしょうねぇ。

登場させてしまったものを引っ込めるワケにはいかないので、ダンまち本筋ではロキファミリアを始めあまりにも強すぎるキャラはここぞというところでは登場させないようにする。

あるいは、いっそ時間軸を大きく進めてヘスティアファミリア陣営がみんな強くなったことにするとか。

「そして五年後」みたいな。
うん、コレはないなw

CHECK!月額760円(税抜)~「角川文庫・ラノベ読み放題」

CHECK!Audibleで『このすば』などのラノベを声優の朗読で聴ける!

各巻の感想
SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



【期間限定】
新規会員登録の方限定で、AmazonMusicアンリミテッドが3ヵ月無料で利用できるキャンペーンが開催中!

期間は2021年1月11日まで。お見逃しなく!

>>>Amazon Music Unlimited