Amazonでプライムデー開催!

2019年7月16日(火) 23:59まで。お得な商品を見逃さないようにっ!

CHECK!プライムデーセール会場

通学に2時間以上かかってるなら下宿したほうが良い件

SPONSORED LINK

カカオ
どうもお疲れ様です。
カカオ(@kudoshin06s)です。

僕の友達で、片道2時間以上かけて大学に通ってた人がいます。

往復じゃないんです。片道です。

往復にすると4時間。

30分電車に乗るのも嫌な僕にとっては無理ゲーっすね…。

彼の消耗っぷりは半端なくて、大学に来ても疲れてそうだったし、講義中も寝ていることが多かった。

もし僕の友達のように通学に何時間もかけている方がいるのなら、声を大にして言いたい。

下宿したほうがいいよ、と。

というワケで今回は、長時間通学してる方に向けて長時間通学のデメリットを紹介します。

通学に2時間以上かかってるなら下宿したほうが良い件

長時間通学におけるデメリットは以下の6つです。

  • 電車の中では大したことはできない
  • 通学中は結局寝るだけになりがち
  • 早起きしなければいけない
  • 帰宅時間が遅くなる
  • 友人たちと遊びにくくなる
  • 電車が遅延すると地獄を見る

電車の中では大したことはできない

隙間時間を利用して読書をしたり勉強する。これはマジで大切だと思います。

僕も電車の中でKindleでビジネス書読んだりしてますね。

が!

2時間以上はもはや隙間じゃないです。隙間にしては大きすぎる(苦笑

電車の中ではせいぜい集中できて20分程度ではないでしょうか。混んでいればもっと短い時間かも。

長時間の勉強なら、やはり自分の部屋やカフェなど、落ち着いた空間で腰を据えて集中する方がはかどります。

早起きしなければいけない

僕の友達は、学校が1限から始まる日は5時起きすると言っていました。ごじ…。

でもそのぐらい早起きしなければ間に合わない。

間に合わないと単位を落とす。単位を落とすと卒業できなくなる。

なんてこった。

カカオ
僕がノロノロと朝ごはん食べてる頃に、彼は既に電車の中にいたのか…。

帰宅時間が遅くなる

当然のことながら帰る時間も遅くなります。

僕と長時間通学の友達はよく一緒に帰ってましたけど、40分くらいで帰れる僕と2時間以上かかる彼では時間的に大きな差が生まれます。

カカオ
僕が帰宅してお風呂に入り、のんびり晩ご飯でも食べてる頃にようやく彼は帰宅しているワケですな。下手すると僕はご飯食べ終えてるかも。

通学中は結局寝るだけになりがち

そんな生活を送っていると、通学中の電車の中で勉強しようとか読書しようなんて気は失せてきます。

どうなるかというと、睡眠時間に充てるようになるんです。

確かに睡眠はとても大切なので、不足してるならどこかで昼寝するのは正しいと思います。

でも長い時間の通学で消耗したから、その電車の中で寝るというのはやりきりれませんよね。

友人たちと遊びにくくなる

大学生ともなると遊ぶ時間も夜にシフトして、飲みに行ったりすることも出てきます。

でも家が遠いと参加できないか、参加できても電車の時間の関係で早めの離脱を余儀なくされる。

カカオ
まだ遊びたいけど帰る……みたいな空気をまとって帰路につく友達を僕は何度も見ましたわ。。。

電車が遅延すると地獄を見る

個人的には最大のデメリットがコレ。

いくら早起きして早朝の電車に乗ろうとも、いずれはラッシュの時間帯になって電車も混んでいきます。

そこへさらに電車の遅延が発生すると地獄です。

まだ学校が遠い段階で電車1時間以上も止まったりすれば、凄まじく混んだ状態を延々と味わいながら通学する羽目になりますよ……。

カカオ
遅延証明書をもらえば遅刻扱いにはなりませんけど、体力はごっそり持って行かれるよね……。

(追記です。遅延証明書があっても遅刻扱いする学校も結構あるようです。マジか。ますます遅延すると地獄じゃないか……。

【要約】長時間通学は時間的にも体力的にも消耗する

デメリットを色々揚げましたけど、要するに時間的にも体力的にも消耗が激しいため、遊び勉強問わず学校生活に悪影響が出るってことです。

それに電車の中で無為に寝る時間が長いって、なんか寂しくないすか…。

SPONSORED LINK

下宿をすれば解決する

というワケで下宿をしましょうってワケです。

経済的な面では実家通いのほうに分があるのは分かってます。ご飯も作ってもらえるし、通学にかかるのは定期代だけですから。

一人暮らしをするとなると、両親への負担も大きくなるし、下手すると自分もバイトをしなくてはいけなくなるかもしれません。

でも一人暮らしもバイトも、経験することは良いことです。マイナスになることはないでしょう。

でも長時間の通学を経験することで得られるモノって、いったい何ですかね…。いつも疲れ切った友達を見ていた僕には、それが全く分かりません。

もしアナタが通学に2時間以上かけているのなら、「実家を出て下宿」という選択は検討してみる価値はあると思いますよ。

まずはキャッシュバック賃貸というサイトで、自分が通う大学に近い物件を調べてみることをオススメします。トップページの「学生向け一人暮らし賃貸物件」という所から学校名を入力して検索できるようになってますよ。

また、以下の二つの条件を満たせばお祝い金がもらえます。

  • 「キャッシュバック賃貸」から問い合わせた物件で契約した
  • 「キャッシュバック賃貸」から問い合わせた不動産会社に別の物件を紹介されて契約した
詳しくは公式サイトで確認してみてください。

【まとめ】下宿は楽しい

なんで下宿を推すのかというと、学生時代の一人暮らしって楽しいからなんですよね。

社会人になってからでも一人暮らしは出来るんですけど、学生時代の気楽な下宿ほど楽しくない。下手すると寝に帰るだけかも…。

あと学生のうちに一人暮らしを体験しておくと、社会人になってから困ることがないのも良いですね。

初めての社会人生活だけで手一杯なのに、そこへ初めての一人暮らしをするのは負担が大きいですから。うん。

SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)




プライム会員限定でAmazon Music Unlimitedが99円で利用できるキャンペーン開催中!

期間は2019年7月16日までっ!

申し込み資格などありますので、以下の記事を参考にどうぞっ!

CHECK!【7/16まで】Amazonミュージックアンリミテッドが4ヵ月99円で使えるぞ!