『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2』感想

2 min

※ネタバレ注意

カカオ

カカオ

どうもお疲れ様です。
リュー推しのカカオ(@kudoshin06s)です。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2』を読了したので感想をば。

全巻の内容をサクッとチェックしたい方は以下の記事をどうぞ!

>>>『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』原作全巻の内容まとめ

概ねアニメと同じ

アニメを見てから原作を読み始めた僕なんですが、アニメ版ダン町が原作の内容、そして雰囲気をしっかりと再現しているということを再認識させられる巻でしたね。

1巻もそうだったんですけど、2巻も同様でした。

ベルがミアハ・ファミリアでポーションを買う場面なんかはたぶんアニメにはなかったと思いますけど。
たぶん…。

スポンサーリンク

読み応え十分!今後も追っていきますよ!

ベルの優しさに戸惑いつつも心を開いていくリリ、魔法を覚えたベル、リリを助けるべく颯爽登場したベルなど、読みどころはたくさんありました。

戦闘の描写も迫力満点に描かれていてよかったです。

個人的に気に入っているのは、初めての魔法に興奮してファイアボルトを連発して気絶し、アイズの膝枕で目が覚めたベルのシーンですかねw

こんなにおもしろいシリーズがまだあと数巻も残っているとは。

番外編のソード・オラトリアも控えているし、しばらくは楽しめそうです。

>>>月額760円(税抜)~「角川文庫・ラノベ読み放題」

>>>Audibleで『このすば』などのラノベを声優の朗読で聴ける!

関連記事