『妹さえいればいい。2』感想

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

妹さえいればいい。2 (ガガガ文庫)

『妹さえいればいい。2』を読了したので感想をば。

SPONSORED LINK

 

相変わらずカッ飛んでますw

何がカッ飛んでるかって?もちろん下ネタですw

もはや中学生レベルと言っても差し支えないほどにハッキリと書かれています。

僕はもうこういうの大好物なので爆笑しながら読んでましたけど、やはり好みは分かれるところですかね。

それにしても、登場キャラの紹介に『好きなもの:風○』とか書いちゃう小説は古今東西この作品だけかとwちなみに作中では伏せ字なんてチキンなことしてません。

ボードゲームで遊んだり、1巻のTRPGの続きをプレイしたりと、遊んでいる描写がとても面白い。TRPGでカニ公と伊月が先の展開を予想し言い当ててしまったところが個人的に凄くお気に入りです。

 

創作者のリアルな気持ち

カッ飛んだ言動やキャラが目立っている『妹さえいればいい』ですけど、リアルな描写にも注目したいところです。

1巻だと確定申告のシーンなんかがそれでしたけど、今回は春斗の作品のアニメ化、そして作家の気持ちを要チェックしたいところ。

とくに春斗の作品のアニメが駄作で酷い出来だったというのが本当に読んでいてこっちまで泣きたくなりましたねぇ…。

アニメ制作の裏事情が大人の事情満載でやりきれない。このやりきれなさがリアルさを出していたかと(実際のところどうなのかはさておき)。

あと細かいリアルさを挙げると、やはり飲み食いの描写は相変わらず細かいwビールの銘柄になると特に。作者のこだわりが感じられますね。

それとこれはワナビだけが反応しそうなんですが、作家の面々がどんな環境で小説を執筆しているかについても触れられています。

ちなみにカニ公はポメラ使ってましたよっ!僕とは違ってキーボードが折りたたみ式のほうでしたけどね。

好きなキャラ

この作品、どのキャラも良いんですよねぇ。絵もさることながら性格もなかなかどうして面白く、それでいて優しい。

アニメ大コケで落ち込む春斗といっしょに泣いた京とか本当に最高。

ちなみに僕が一番好きなキャラはアシュリーですw

アシュリーのおかげで今回、春斗の知られざる趣味(メイド好き)が明らかになったのは実に喜ばしいw

妹さえいればいい。2 (ガガガ文庫)
小学館 (2015-07-31)
売り上げランキング: 7,623

『妹さえいればいい。』関連の記事はこちら

『妹さえいればいい。8』感想。千尋の動向が色々な意味で気になった巻でした。

『妹さえいればいい。7』感想。アニメ化に備え1巻から読み直したいかも…。

『妹さえいればいい。6』感想。伊月、那由多、京、春斗の関係がスゴいコトになっとる…!

『妹さえいればいい。5』感想。サブタイトルをつけるなら「京物語」ですな。

『妹さえいればいい。4』感想。頭にアレを付けたブッ飛んだ新キャラ登場…!

『妹さえいればいい。3』感想。伊月の願望が真っ直ぐな少年のようでグッドでした。

『妹さえいればいい。1』感想