『甘城ブリリアントパーク4』感想。西也の義妹が登場したエピソードは結構胸にきますよ。

1 min

※ネタバレ注意

カカオ

カカオ

どうもお疲れ様です。
カカオ(@kudoshin06s)です。

『甘城ブリリアントパーク4』を読了したので感想をば。

実は伴藤美衣之は呪われていた!

4巻の半分以上が割かれていたのが伴藤美衣之のエピソードです。

アニメでは面接に流血状態で登場した意味不明にスゴいキャラです。

アニメ版ではその流血や発狂した兄のことなどには特に深く触れないままだったんですけど、原作ではしっかりと理由付けがなされ、解決してくれましたよ!

伴藤美衣之は悪霊だかに呪われていたせいで、不運続きだったとのこと。

そこでルブルムの知り合いの名医に見てもらい、悪霊を倒す儀式を行うんですけど、儀式の内容がバラエティのクイズ番組めいていて面白かったw

とりあえずアレです。
シリアスな話じゃあないですw

3バカは例によっておバカですし、いすずちゃんもマスケット銃ブッ放してますよ。
はい、通常営業でしたw

スポンサーリンク

騙されたと思って読んでみれ

伴藤美衣之のエピソード以外もアニメではなかった物がほとんどでした。西也の義妹が登場したエピソードは結構胸にきますよ。

彼が甘ブリのキャストたちを仲間だと思ってくれているのが伝わってきます。

アニメでもあったトリケンが甘ブリのPVを作るエピソードもありましたが、概ねアニメと同じでしたね。

とはいえアニメではあまり触れられなかったキャラを深く掘り下げてくれるのが、甘ブリの原作の魅力ですね。

アニメは見たし読んでもなぁと思う方は、騙されたと思って読んでほしい。

原作とアニメじゃかなーり違いますから。

関連記事