『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7』感想。とりあえず、ベル君は色々な意味で無事でしたw

SPONSORED LINK

※ネタバレ注意

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7 (GA文庫)

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7』を読了したので感想をば。

あらすじ

ダンまち7巻は艶めかしい描写が多かったですねぇ。
「娼婦」やら「娼館」なんて単語が登場しまくりですから。

ザックリあらすじを語ると、

  • 命の同郷で幼い頃に遊んだ春姫というキャラが娼婦として働かされていた。
  • 紆余曲折あってベルは春姫と知り合い、彼女を助けることになった。

こんな感じ。ザックリです。

このザックリに「神イシュタルの神フレイヤへの嫉妬」という要素が入っていて、とても話が大きく、超大きくなってます。

SPONSORED LINK

とりあえずベル君は無事でしたw

ベルがイシュタル・ファミリアのアマゾネスたちに捕まって、フリュネというレベル5キャラにあわや

強制DT卒

というところが笑えましたな。

フリュネの姿を見たベルの第一声が「モンスター!?」ですからね。

はたらく魔王さま!のミキティみたいなもんですw

それが娼婦でベルに迫ってくるのだから、その恐怖は計り知れない…。さらにはアマゾネスが群で追いかけてきましたからね。

大戦争!!

フレイヤがファミリアの眷属たちを連れてイシュタルの住処に攻め込んだシーンは圧巻でしたねぇ。

シーンというか、かなり長く続いているんですが。

フレイヤが動く以前から、ベルと命がすでに派手な立ち回りを演じていたんです。物語が半分ちょいぐらいのところから。

そこからずーっと動きのあるシーンを中心にバトルに次ぐバトル。

ただでさえイシュタル・ファミリヤから新キャラが数人登場しているというのに、そこにフレイヤの眷属数人を投入し、まさに大戦争状態に突入。

そこかしこでバトルが勃発している様は、活字なのになぜか「目を見張る」という表現を使いたくなるレベルで凄まじかったです。

これ、映像化してほしいねぇ。

大満足な作品でした!
オススメ!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7 (GA文庫)
SBクリエイティブ (2015-04-24)
売り上げランキング: 1,404
カカオ
ダンまち原作の他の巻の感想記事はこちら
SPONSORED LINK

関連記事(一部広告含む)



Audible (オーディブル) はもう試しました?

AmazonのAudibleに『このすば』や『ゼロ魔』などのラノベが追加されました!

アニメのキャストの朗読で楽しめますよっ!

Audibleは初めての利用なら無料体験もできますのでお気軽にどうぞっ!

詳しいサービス内容についてはAudibleのサイトか僕のレビュー記事を参考にどうぞっ!

関連記事:Audible (オーディブル) なら「このすば」などのラノベを声優さんの朗読で聴けるぞっ!